無料ブログはココログ

« 直熱管3極管ユニーバーサルアンプ | トップページ | 真空管アンプの魅力 »

2011年12月 6日 (火)

3極直熱管差し替え

 オーディオ・アンプの巨匠の名言でこれを聴かずしてオーディオを語ることはできない・・・
これはずっと気になっていたところです。「50」という真空管です。
自分はこの音を聴かないでオーディオをやってました。40年ほどです。

R0028706

 というころで、本日その夢が実現しました。連日やっていますアドバンスのHC-2CEの改造アンプです。

R0028713

各種メーカーの「50」、形状がかなり違います。

 この球はグリッド抵抗を低くする必要もあって、回路もトランス結合が多いようです。今回はSRPPでCR結合、グリッド抵抗を落とスイッチを設け、結合のコンデンサも大きくしました。

 ケンラッド 50

R0028707

 とってもふっくらと鳴ります、どうどうとウッドベースがなりピアノの音も1つづつ立っています。ダイナミックスも有り、スネアの抜けも良く、シンバルは艶めかしい。リムショットがしっかり聞こえるのにも驚きます。

R0028708

RCA 50

R0028711

ピアノ音のダイナミックな変化、歌う感じ、きらびやかさは他にありません。

そのぶん、シンバルの響きはやや粗め。ベースは粘っこい。こちらのリムショット音は柔らかです。

R0028709

ということで、音は聞く音楽で変幻するということで、ここからオーディオの面白さがはじまるそんな球なのかもしれません。
R0028710

こんな球も聞けるのですから楽しいアンプです。

R0028712

« 直熱管3極管ユニーバーサルアンプ | トップページ | 真空管アンプの魅力 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3極直熱管差し替え:

« 直熱管3極管ユニーバーサルアンプ | トップページ | 真空管アンプの魅力 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ