無料ブログはココログ

« 渋谷駅が変わる! | トップページ | 改造試聴 »

2011年12月 1日 (木)

HC-2CE改造

時間を頂きましたが

こんな感じに出来ています。

R0028641

まず基本的なところから

1.出力トランスをU-808に換装して
  このトランスの2時側接続を利用し出力管に対してのインピーダンスを切替できるようにします。

R0028642

2.トーンコントロール回路を撤去します。

R0028643


3..最終段を直結でなく、CRでカップリングします。
  バランスがくずれグリッド電流が流れて出力管を壊さないためです。

4.自己バイアスを決めるカソード抵抗を切替式にします。
  オリジナルは2.5K Ωですが、1.5K/1K/750Ωと設定できるようにします。

R0028644


これに伴い、チョークトランスをシャーシ内に入れて、製品より大きな
U-808が取り付けられるようにします。

ステンレスのシャーシで加工が大変ですが
トランス用に穴を14個あけることになります。

トーンコントロール基板に音量ボリウムがついていますが
これは使わず、手配線でボリウムを追加します。

パネルは右より音量、カソード抵抗切替、負荷切替、?という順になります。

内部配線は適宜ラグ板など追加します。

« 渋谷駅が変わる! | トップページ | 改造試聴 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HC-2CE改造:

« 渋谷駅が変わる! | トップページ | 改造試聴 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ