無料ブログはココログ

« ローランド AVミキサーVR-3 発売 | トップページ | 吉祥寺 スパゲティー食堂ドナ »

2011年12月16日 (金)

出力管さしかえ実験次のプロジェクト

構想から1カ月、実際2週間ほどで組み試聴、未踏であった直熱3極管の差し替えが
実現できたのはキットをベースにしたことで、これには間違いはなかったと思います。

R0028763

残るところは・・・
双三極管。
そしてEsgが低いために試聴できなかったビーム管などです。

さてどうするか、ここまでやってきたのでまたもやキットをベースにするかどうか。
今回のプロジェクトで判ったのはSRPPのドライブが音質的に仕様的にも良いということ。

また手配線のアンプは改造に便利ということでしょう。
いずれもGT管をベースにします。

双三極管はシングルまたはパラで鳴らすか、PPにするかというのがあります。
差し替え的にはシングルが容易で、またその球らしい音が出るというのがあります。

キットをベースにすろと出力トランスはまず乗せ換えになる・・・
そのあたり問題はあります。

電源電圧も調整設定したいとなると・・・
Vsgも専用の定電圧電源が必要か・・・などあります。
またしばらく考えてみましよう。

« ローランド AVミキサーVR-3 発売 | トップページ | 吉祥寺 スパゲティー食堂ドナ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出力管さしかえ実験次のプロジェクト:

« ローランド AVミキサーVR-3 発売 | トップページ | 吉祥寺 スパゲティー食堂ドナ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ