無料ブログはココログ

« 鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA | トップページ | 西六郷少年少女合唱団2012定期演奏会と「みんなのうた」 »

2012年5月 4日 (金)

鉄道フェスティバル2012年in SHIBUYA報告

これから行かれる方もいると思うので見どころを紹介しましょう。

R0029869

入口は昨年よりシンプル。展示から始まります。今回の新規目玉は東急グループが作った渋谷駅の現状の姿のジオラマ。ヒカリエと東急東横店がある今年の姿を残そうということなのです。

R0029843

鉄道情景を制作する会社が作業したものです。情景材料も出しているところなので、建物を除くと既成材料をよく活かた製作がされています。大きさは1×2m、地下も作られています。ちょっと展示台が高いか。

R0029828

こちらはその奥の昔の渋谷駅コーナー。ここに自分の製作した1964年のジオラマがあります。

R0029858_3

判りますか?お子さんに合わせた高さなのです。この視線の高さにあわせ台を作って貰ってます。1×1m、制作期間は約4年そのあと7年の間に改良を加えています。

R0029839

アマチュアだからできるのかもしれません。ジオラマの成功の秘訣は「見せ場」を作ることです。このジオラマは4方向から見られます。都電が走っていたことを知る世代には懐かしい風景ですが、新鮮に映る方も多くなりました。

R0029857_2

東横店の変遷や東急文化会館の資料展示は貴重だと思います。自分のように作ったものは製作時に時代考証として調べ学ぶところです。

R0029841

車両コーナーは人気です。出口近くは5000系のコーナーもありました。

R0029861
お子さんの人気はシュミーターと模型を走らせるコーナーです。
8日まで家族で遊べるイベントです。電鉄・デパートこうしたイベントでも東急の総合力を感じさせます。

« 鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA | トップページ | 西六郷少年少女合唱団2012定期演奏会と「みんなのうた」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道フェスティバル2012年in SHIBUYA報告:

« 鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA | トップページ | 西六郷少年少女合唱団2012定期演奏会と「みんなのうた」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ