無料ブログはココログ

« 吉祥寺ビデオ研究会 | トップページ | 日本型Zゲージのレイアウト »

2012年8月26日 (日)

日本型Zゲージレイアウト 配線

各社の参入予定やリリースもありましたが、結局のところロクハンというメーカーだけがこのゲージを一生懸命でやっています。そんなことで線路に続き制御系も採用しました。

R0030915

チェックには給電する必要があります。

R0030914

線路ギャップが1箇所200円以上になるので、これはオリジナルの方法で、線路配置からトリプルキャブで、固定レイアウトですので線路、ポイントの配線とも手配線。経験からどうすればよいかは現物でできます。

R0030913

ギャップ位置、給電が適当かの確認をしつつ走行して、運転のしやすさや、線路配置、敷設を確認します。トリプルキャブになりました。

R0030912

« 吉祥寺ビデオ研究会 | トップページ | 日本型Zゲージのレイアウト »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本型Zゲージレイアウト 配線:

« 吉祥寺ビデオ研究会 | トップページ | 日本型Zゲージのレイアウト »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ