無料ブログはココログ

« 懐かしいカートリッジ試聴 | トップページ | オーディオ、懐かしいカートリッジの整備 »

2012年9月10日 (月)

懐かしいカートリッジの試聴2

60年代、70年代、著名であったブランドのカートリッジを引き続き聞いてみましよう。

ピカリング XV-15

R0030996

今でもDJ用などでみかけるブランドです。ハケ付きでしたが、これは付いていません。

当時の印象より、今聴いてみると繊細で、表現力を感ずるのは、もともと再生装置全体のクオリティーが上がったからでしょうか。オーディオの興味深いところ、これまで出してきた結果のいくつかはそうした、組み合わせや、時々の私見のようなものだったものもあるのでしょうか。

スタントン 681EEE


R0030998


これはシリーズでも後期に属するものなのでしょうが、ハケ付きです。

こちらも印象より、ずっと表現力があります。全般に中低域の違いをはっきり感ずるところがあります。もちろん女性ボーカルのつややハリは大きく違うのですが、好みもあると思います。

こうして聞いてみると、名器、名品はみなそれなりのそれぞれの立派な音がする・・・当時試聴室などでは簡単に出していた答えもありますが、あらためて過去のカートリッジを聞いてみたいと思うしだいです。

« 懐かしいカートリッジ試聴 | トップページ | オーディオ、懐かしいカートリッジの整備 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいカートリッジの試聴2:

« 懐かしいカートリッジ試聴 | トップページ | オーディオ、懐かしいカートリッジの整備 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ