無料ブログはココログ

« ジオラマ「昭和の柴又商店街」を作る | トップページ | アトレ吉祥寺 HARBS »

2012年12月 2日 (日)

失われた音6 システムとシンプルさ

久々の昼間の時間帯で、そこそこ?の音量で鳴らします。快音!

永年つきつめてきましたが、結果はけっしてシンプルなシステムでない、大きさもデカイです。古いものもありますが、でも、良いものは今でもそれなりの音がでますね。

R0031808

デジタル時代になって、システムがシンプルになったということがあります。

それは使い勝手的にも、考え方としても大変良いことと思います。

ハンドメイドオーディオでもそれは同様でしょう。

R0031814

ここに今から45年前の初心者向けの月刊雑誌があります。製作はアンプが多いですね。

出力管は6BM8、6R-A8、6GA4と言ったところで、今ほど大型管が出てきません。製作の容易さもあってシングルアンプがほとんど。トランスはラックス、山水。当時タンゴはまだ2級品扱い以前であったと思います。それにしても真空管が全盛で、正直トランジスタで作るアンプはまだラジオ用だったのです。

上記出力管も6BM8以外は現在復刻されていません。トランスも同様。

Img760

東芝6GA4(1960年代製造のもの)

Img761_2

NEC 6R-A8(1960年代製造のもの)

以上、「真空管の宝箱」より

http://mtomisan.my.coocan.jp/page058.html

上記2管の実際の試聴結果は↓このあたりです。

http://mtomisan.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/tu-880-d692.html

http://mtomisan.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/tu-8300tu-lab-4.html

http://mtomisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/tu-8300-3dc9.html

僕らはキットなどで今、当時の入門同様のことができそうな錯覚をしてしまいますが、けっしてそんなことはないのです。けっして単なる懐かしいとか古い時代は良かったではなく、当時を経験する自分でも「古きをたずねて現代視点で新しきを知る」という反省研究をしなければと思う今日この頃です。

オーディオ研究サイト

http://mtomisan.my.coocan.jp/page016.html

« ジオラマ「昭和の柴又商店街」を作る | トップページ | アトレ吉祥寺 HARBS »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失われた音6 システムとシンプルさ:

« ジオラマ「昭和の柴又商店街」を作る | トップページ | アトレ吉祥寺 HARBS »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ