無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

日本型Zゲージ ロクハン キハ52

発売になっていました。この3カ月ほど鉄道建設が止まっていますが、良い刺激になります。色は国鉄色がやはり良い。少し朱色が渋いようにも思いますがそこが良いのかもしれません。

Imgp2351

撮影はこちらのカメラです。

R0032620

Q10にアダプターそしてK10Dに装着していたズーム。

模型撮影ではボケをどれだけ抑えるかということでは効果があるように思います。



大阪DV-7勉強会

大阪は本日は少しぽかぽかとしております。

R0032608

昨年の6月からやっておりましたが、いよいよ研究会として発展していこうというところまで来ています。

R0032609

沢山お集りいただき、沢山の質問にお答えしました。次回から皆さん持ち回りの実施となります。

R0032610

2013年1月30日 (水)

DV-7大阪セミナー

東京セミナーの翌日になりますが、大阪駅前第2ビルのローランド研修センターで実施しています。新年になりまして新しい内容での実施の2回目。R0032600

熱心な受講される皆さまからのご質問にもおこたえしました。

R0032602

今回もビデオラボスタジオ(京都)の収録も入りまして、セミナーDVDが作成されました。お問い合わせは以下です。

http://www.studio-lab.net/

2013年1月29日 (火)

SQ-38DS フォノ回路修復

さていよいよ最終段階に入った修理ですが、音は出るもの雑音と不安定。

R0032573

ということで、カーボン抵抗を撤去し、金属皮膜抵抗に交換し、配線を整理と回路を点検しました。

R0032562

金属皮膜抵抗は精度が高いですけど、硬い音がする経験があり少し心配しましたが

R0032574

とても50年近く前のものとは思えないクリアーでパンチのあるサウンドが出ました。となると・・・

R0032572

ラックスのアンプ、スタックスのヘッドフォンならどんなカートリッジ?20本以上あるカートリッジから組み合わせを考えてみました。

R0032561

まずはサテン。これをやってみたかったマニアも多かったでしょう。ボーカルもいいし、シンバルの音なども独特で、らしい音です。

R0032563

次に実際に多かった組み合わせと思われるグレースF-8。ひととおりバリエーションはありますが当時でやったであろうF-8Lを選びました。思った以上にマッチします。シンバルの響きとか想像以上に細やか、ふっくらしたベース、常用するには楽しい組み合わせ。当時もこんな良い音で楽しんでいた方もいたのかな・・・

R0032565

当時あこがれだったでしょうシュアーV-15タイプ2との組み合わせ。ボーカルもブラスもしっかり出て、無理なく音楽を楽しく聴かせてくれる60年代後期のリファレンスですね。

R0032566

そして、シュアーV-15タイプ3。Dレンジもひろく、アタック感もしっかりでも大変表現も細かい。こちらは70年代前半のリファレンスですね。

R0032567

今回ブラスの音が良かったのが、エンパイアD4000。セクション全体を良く聴かせてくれて奥行きもあり無理がありません。

R0032568
響きがとてもきれいなのがスタントン681。シンバルの余韻などをしっかり聴かせてくれます。

R0032569

そしてエラック、こちらは低音が豊かです・・・どれも捨てがた組み合わせですね。どれも真空管のイコライザーアンプの良さを楽しませてくれます。ジャンクのアンプがここまで楽しませてくれるのですから、良いものは大切にしたいですね。スタックスのヘッドホンも良いですが、一世を風靡した6R-A8のアンプも素晴らしいものがあるのだと思います。

世の中はデジタルですが、別に懐古趣味のオーディオとしてではなく、楽しく音楽が聞けるのであればアナログサウンドも現役であると思います。

DV-7東京セミナー

今月2回目のセミナーも、新規メニューで。活用編はエンディングを作るというテーマで
実施しました。
R0032558

懐かしい方々もこのところ沢山ご来場いただいています。次回の活用編もご期待くださ
い。
R0032560



2013年1月28日 (月)

世界の軍艦コレクション

以前、飛行機のコレクションがスケール統一でないことを指摘しましたが、これは1/1100。この手のシリーズの創刊号は低価格に設定されるのすが戦艦「大和」で990円。その余波か、今書店には大量の2号赤城が山積みになっています。こちらは正規価格に戻り2000円以上。ところで1/1100というスケールというのは・・・ウオーターラインは1/700、艦艇コレクションは1/2000どちらも作るコレクションですが。今回ダイキャスト製というところも特長ですが外側であって、プラ整形のディテイールのようでもあります。

61o0irvf8hl__sl500_aa300_

SQ-38D 改造と調整

すでに、復元修理中に改造をはじめ、STAXのヘッドホン(イヤー・スピーカー)用端子・ドライバー回路を付けてしまいました。
もし当時、こんな仕様だったら、一部のマニアは受けたと思います。マニアックなアンプだけに、そんな夢を描いた方もいたのではないでしょうか。部品はコンデンサーを中心に現代の部品、音響用部品に変えたところ、ずいぶんクリアな音になってきたと思います。
仕様面ではTAPEヘッド用の入力はいらないのイコライズをやめAUX端子に変更、
音質は重要な信号直列や帰還系に入る部品を中心に精度の高く、安定な部品に変更しました。

R0032555

そしてPHONO回路の確認。とりあえず音が出ましたが、ノイズや安定性では検討が必要なようです。

今後はこのあたりをどう利用するか発展するか、ヘッドアンプ相当する入力トランスのない「DS」ですのでそのあたりをどうするかがあります。

ということで気付くとヤフオクで購入した出力管がほんのわずか赤熱している感じがあります。バイアス調整をし直し、出力管の組み合わせを替え、バランス調整をし直しました。よりクリアな音になった感じがします。

R0032556

東急東横店 懐古展の展示で

丁度5Fのインフォメーションのところにジオラマが展示されていますので(2/6まで)
係の方にお話を聞くことができました。

R0032517

それはジオラマの設定をご存じの方がご覧になっての大変貴重な情報です。
「フランセ」のブロックの角は酒屋さんだったそうです。

R0032520

ここは昔の写真を見ても判別が難しく、自信のなかったところです。

R0032554

白雪の看板なので酒屋は当然でしょうか。看板はその奥のお店と思ってました。Shiteki2_2

他にも痛んだところがあるので
本店に戻ったおりに、修正させていただきたいと思います。

R0032518


2013年1月27日 (日)

SQ-38D 高音質化をはかる

不良の部品を交換するなど修理はしましたが、経時変化や、さらなる高音質化を考えると消耗性の高い部品は、この際交換することにしました。交換前です。

R0032534

オイルコンはすでに交換された感じもしますが、今回フィルムコンに交換します。電解コンも新しいものやさらに音響用などに、音質へ大きく影響するところから交換しました。交換後です、

R0032552

内部もすっきりしました。

R0032550

外された古い部品です。生産されてから50年近くたつので、すでにオリジナルから交換された可能性もあります。

高音質化と称してやみくもに高価な部品に交換する方がいますが、回路や種類で部品には音質への貢献度というものがある程度決まっていて、効率の良い詰め方というものがあるものです。

R0032548

音質は分解能が上がった感じ、かっちりして伸びも良くなった感じです。

2013年1月26日 (土)

SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く

実際にいろいろなヘッドホンを繋いで聴いてみましょう。

R0032528


インピーダンスや感度の違いによる使い勝手、タイプ別の音質も確認できます。

SONYのCD-900にはじまり、コンデンサー型はSTAX、SR-3、SR-ラムダ、SR-αプロ。

ゼンハイザーDT-414、ベイヤーDT-48、ヤマハHP-1、パイオニアSE-50など各年代、各タイプの名器です。

このアンプで聴くとそれぞれの良さが出て、音楽が楽しめます。

次は、アンプとしても音質の向上、そしてイコライザーアンプのチェックでしょうか。

LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける後編

おかげさまで各種ヘッドホンが試聴できるアンプとなりました。ヘッドホンアンプと考える大変贅沢ですね。

R0032527

スタックスのアダプターSRDシリーズの回路と言われるものをコピーしましたが、自分が思った音質、性能は得られませんでした。

R0032526

R0032525_2
ということでSQ-38Dの内部電源を利用し、自分で考えた回路を搭載することにしました。ノーマルバイアス、プロバイアスを用意できましたのでスタックスのコンデンサーヘッドホンが自由に使えます。

R0032524

こうしたパワーアンプを利用したコンデンサーヘッドホン用アンプも面白いと思います。

懐かしの時代展

24日から渋谷東急東横店で開催されていますが、本日ジオラマの展示具合の点検に行ってきましたのでご報告。

R0032516


西館5F上がりエスカレーター前のスペースに当時の新聞出力コーナーの隣に展示されています。このイベントのために本店1Fインフォメーションから運んでいただきました。

R0032495

この情景も東館取り壊しで変わって行きます。R0032507_2

1F西館・東館連絡通路では懐かしい写真展が。貴重写真ばかりです。この展示は2月6日までとのことです。

LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける

予告どおりですが、さて回路です。

R0032490

信号系は6R-A8PPのプレートからそれぞれカップリングコンデンサと放電用の抵抗をつけて引き出すだけなので簡単なものです。今回は音響用を部品を使ってみました。

R0032488

問題はバイアス回路ですが、STAXのアダプターの回路をコピーしてみました。

R0032489

バイアス電圧が低く、パンチが足りない感じです。

R0032491

2013年1月25日 (金)

ラックスのトランスのラベル

ヤフオクで落札されたものがこのラベルの箱で発送されてきました。

R0032452

これ懐かしい・・・と思われる方は自作派。それもラックスのトランスで自作が出来たのは60年代、そして70年代の初頭と思います。今でこそ高級トランスであるTANGOブランドのトランスも60年代は入門用低価格帯のトランスでした。

京都のお土産 花かんざし

京都の勉強会で頂いた豆菓子が大変美味しいかったです。

豆十本舗の花かんざし

R0032420

2013年1月24日 (木)

SQ-38D 改造計画

復刻版ではない45年以上前のオリジナル版を修理復元しました。当時無かったダイナミック・ヘッドホン用端子をすでに増設しましたが、次のステップは。

R0032469

メーカーより端子を入手、ご覧のようにまず取りつけ様子をみました。これから何ができるか?判る方もいると思います。

R0032470

ケースは鉄製ですので穴あけは少し時間がかかりました。後は回路です。

各地訪問 松本

朝の「あずさ」で。本日は三鷹駅から乗車。中学の同級生がここの駅の駅長をやってます。

R0032471

松本には積雪ありました。でも幸い晴天。

R0032472

昼食は駅ビルのミドリで。少し風邪気味ということも有り寒いので熱いものを。野菜タンメンでさっぱりと。

R0032475

仕事も無事終了。帰りの松本駅6時半前なのに駅弁残りは4個ほど。ぎりぎりで選択の余地もなく。

R0032479

暖かければもっと美味しいのだろうけれど・・・

2013年1月23日 (水)

東急東横店 懐かしの時代展 でジオラマを展示

現在の東横店の営業も本年3月までで終了。
写真展など中心に東横店内で行われます。
東急本店1階インフォメーション前にある昭和39年の姿を残す渋谷ジオラマですがこのイベントのご協力で2週間東横に引っ越します。展示期間は 1月 24(木)~2月6日(水)
東横店西館5階昇りエスカレーター前、サービスカウンター横の位置に設置されます。

ジオラマには東横店も有る訳で、それを東横店の中で見られるというチャンスです。

本店不在の間は案内が出るようで、
8日(金)からまた本店での展示となります。

Toyoko

2013年1月22日 (火)

ラックス SQ-38DS 測定する

修理復元してみてどのくらいの性能が出ているのか・・・測定も必要でしょうか。

R0032462

USBオシロで、ジェネレータは自作です。

矩形波応答はおもったより素直なものでした。1kHzの応答、帯域も広いようです。(左右)

Wfimage5

10kHzの応答波形(入力、出力)。

Wfimage6

いずれもメイン部です。周波数特性は約70KHzでー3dB。

Wfmage7

プリメインの入出力総合特性です。出力少しなまっています。位相も逆になります。

メイン部の入出力ゲインは26dB、最大出力は9.5W+9.5Wでした。

2013年1月21日 (月)

今朝の「大鵬特集」でテレビ番組にご協力

TBSテレビ「みのもんたの朝ズバ!」、本日放送の「大鵬特集」で当時の雑誌を使っていただきました。所蔵する1960年~1962年の少年マガジン、サンデー、小学1,2年生で「大鵬」が掲載されている雑誌です。

Mazimage1

当時、巨人、大鵬、玉子焼きと言って子供たちに人気でったその様子は、ホームページで紹介していますように学年誌、少年誌に残されています。

Mazimage2

こうした、当時の子供たちの文化を大鵬さんの追悼のコーナーで扱って頂いたことは、リアルタイムに経験する自分としては本当に光栄に思います。

Mazimage3

番組は当時いかに子供に人気があったかということで、机に並ぶ大鵬を掲載した1960年代初めの少年誌の山を紹介。
ご依頼を頂いたのは昨日夕方のことでしたが、それから該当する書籍を探しました。当初ご依頼のあった当ホームページ掲載の本がどうして見つからず、逆に新たに見つかった資料で、今朝の番組を構成して頂きました。

60年代「懐かしの宝箱」ホームページ

http://mtomisan.my.coocan.jp/

ラックス SQ-38Dについて

この2週間ほど、修理・復元をしていますが、ネットを検索していて1998年にラックスが復刻版を発売していることを知りました。価格は39万円。Sq38drep

復刻ながら出力管は違い6BQ5であって、オリジナルの3極管6R-A8ではありません。となると、私のようにオリジナルモデルを修理復元するのも有りと勝手思ってます。かかった費用も復刻版の1/10ですし、新しい機能もいれつつあります。さらならる高音質化はどこまではかれるかなどなど、どこまで遊べるかというのも楽しみです。

R0032441

オリジナルの3極管6R-A8

大鵬さん、逝く

昨晩オーディオ関係の話題でブログ更新をしようと思って準備をしていたところ、大鵬さんのことでテレビ局から問い合わせがあり、書庫の資料を探しはじめ探し出してお渡しすることができました。本日朝の番組、さてどんな内容になりますか。

610300s


見つかった資料でホームページも更新しました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page027.html

611s

2013年1月20日 (日)

巨人、大鵬、玉子焼き

と言っていたのは1960年代。あの大鵬さんが亡くなった。

60年代を思い起こすことの多い日々、何かと高度成長期のあの頃ということで。

あの頃の元気を形としてだけでなく、夢が有り、希望があったあの頃の精神に何かあったのかを。合掌。

60年代のスポーツ

http://mtomisan.my.coocan.jp/page027.html

2013年1月19日 (土)

ラックスSQ38DS整備

次のステップは見かけも少しよくしようということで、足りないつまみ2個はお得意の工作で作ってみました。

R0032438

ゴム足も取りつけましたのでだいぶ、変わった感じです。

R0032439

背面に付けたヘッドホン端子ですがパネルを付けて穴をふさぎました。

R0032440
ヤフオクで入手した、LUXの6267に差し替えてみました。

R0032441

緑の山の手線

検索も多いし、60年代の専門サイト、鉄道模型の本も書いているので再度扱いましょう。

R0032430

今年は緑の山の手線から50年・・・誠文堂新光社の「ガイドブック」シリーズは当時の愛読書でした。でも高価だったので子供には大変貴重なものでした。白黒ですが渋谷駅付近(東急東横店が見えます)、これは緑ではない101系です。そう黄色(カナリア色)1963年4月とあります。表示は「山手」線。

R0032431
50年前の緑の山の手線は103系の試作車。写真1963年9月、「山手線のように駅間距離のみじかい先駆用として、今年から製造がはじまっています。ちかいうちに山手線の101系と交替する予定です。・・・塗そうはグリーン系統の色です。」とあります。

R0032432

こちらは新車ガイドブック(1966年刊)、1964年から103系が量産されたこと、1965年11月に京浜東北線のスカイブルーが登場とあります。

2013年1月18日 (金)

SQ38DSにヘッドホン端子を付ける:工作1

ヘッドホン端子を挿すとスピーカーが切り離されヘッドホンに切り替わるということは、出力トランスを持ち、そこに負荷を付けるというアンプの構造からも具合が良いものです。

R0032423

しかし市販のヘッドホン端子にスイッチ付きは少ないので、自分の部品箱を探したところマイク端子がこの仕様でした。ヘッドホン端子はスピーカーが切り離されるタイプで、ダミーロードに切り替われにはスイッチ接点が足りないのです。

R0032425

そこで、分解して

R0032426

マイクの端子をスイッチ端子を取りだし

R0032427

移植し

R0032428

再組み立てしました。
R0032429
端子の増設場所はフロントパネルに穴あけするのも気が引けたので、背面で使っていないDIN端子、ACアウトレットを外しました。

R0032422

SONYのCD-900で簡単な試聴をしてみました。心地よい真空管サウンド、今では入手の難しい、キットや製品でも採用されることはない6R-A8の温かく、かつ歯切れのあるものです。

2013年1月17日 (木)

ラックスSQ-38DSにヘッドホン端子を付ける:検討

真空管アンプ時代はプリメインアンプにはヘッドホン端子が付いていなかったの通例でありました。1969年、トランジスタのプリメインアンプであるトリオのKA-6000にはヘッドホン端子がついていましたので、その前後で搭載されるようになったと思います。

R0032417
パイオニアからは端子のないアンプのためにスピーカーとの接続の間に入れて使うアダプターアクセサリー「ジャンクションボックス」がありました。しかしアンプ内に収納するのがスマート。内蔵すれば、スピーカー接続することなくモニターアンプとして使え重宝ですし、豪華なヘッドホンアンプともいえます。

ということでまず、あたりを付けるための検証を行いました。スペース、回路、仕様を検討しました。なかなか良い音が出そうです。

R0032418

課題として真空管アンプではインピーダンスマッチングがとられることと、ヘッドホンは一般にスピーカーよりインピーダンスが高いこと、スピーカー用のアンプの出力ではヘッドホンの耐入力には電力的に大きすぎること、また電圧感度も高いことです。

改造仕様的には、端子を付ける場所、スピーカーとの切り替えをどうするかなどですが、まずバラック配線で、定数、回路のあたりをつけました。

久々に東京に帰ると

雪の翌朝東京をたち、名古屋・大阪・京都と巡って帰ってみると、まだ東京には雪が残っていました。

R0032416_2

姪の作った、少し小さくなった雪だるまが迎えてくれました。

京都DV-7HD勉強会

京都地区のユーザー様で集まって頂いての勉強会です。

R0032414

本日は基本的なセットアップと外部HDD、ディスクの焼き方のついて行いました

緑の「山の手線」車両、復活

山の手線が銀の緑帯のなって久しいのですが、山の手線が緑色になった(当時の103系)のは1963年のことで、それから今年が50年になるといことで特別限定の1編成が現在の車両塗り変えで走っています・・・ということです。

Sbmimage2

自分が東京に出てきた1962年はその前の年で、まだ山の手線(当時の山手線)は黄色(101系、のちの総武線黄色の原点)が頑張っていました。当然その前は茶色の車両ということになるのですが。

R0021373

こうした時代の変遷は模型なら簡単に見ることができます。、1964年の街並みまで交えたジオラマを制作しましたが渋谷の東急本店で常設展示しております。なお、こうして1960年代を懐古するお話は昨今多いため展示は取材や撮影などもあるらしく、ご覧になれるかは百貨店さんにお問い合わせいただけると幸いです。

R0021372

なおホームページ「60年代 懐かしの宝箱」では下のリンクからいつでもご覧いただけます。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page046.html

2013年1月16日 (水)

DV-7大阪セミナー

2013年のはじめての大阪でのセミナーを駅前第2ビルローランド研修センターで実施しました。

R0032403

製品ご検討の方、ご購入の方に昨年に引き続き熱心なご参加頂きましたことありがとうございます。

R0032409

今回は新しいプログラムで実施しました。特に活用編では一歩作品作りに踏み込んだ内容となっております。このブログをご覧になってご参加頂いた方もいらしたこと嬉しく思います。なお、実施しましたセミナーにつきましてはビデオラボスタジオ様にてセミナービデオとして制作されております。

2013年1月15日 (火)

DV-7名古屋セミナー

名古屋は快晴です。

R0032394_2

栄のダイテックサカエで本年初の名古屋セミナーです。

沢山の方に集まって頂きました。新しい内容で開催させて頂きました。

R0032395_2

本年もご期待ください。搬出を済ませ大阪へ移動です。

R0032398

各地訪問 名古屋

昨日の雪が残る東京を朝出発

R0032334_2

車窓も雪が残り

R0032335_2


本日は本年初の名古屋でセミナーです。打合せと食事を栄のサブウェイで。

R0032393

2013年1月14日 (月)

ラックスSQ-38Dを修理

出力管に3極管6R-A8を使ったオークションで入手したアンプの修理ですが、昨日まででパワーアンプ部が終わり、本日プリアンプを終了し、当時の音を朗々と鳴らすところまで参りました。LUX型のトーンコントロールも動作しました。片チャンネルが鳴らなかったのは調べてみると半田不良が2か所。なにぶん50年前のもの劣化もあります。

R0032320

ということ本格的な音質向上、安定化はこれからになりますが、ジャンクから初めて動作するところまで来ました。不足していた2本の出力管は新品の手持ちを使うのは惜しいので、やはりオークションで落札した中古品です。MT管ながら3極管特有のふっくらした低音、柔らかな中高音は、全盛の5極管、ビーム管にはないものです。

R0032325

懐かしいジャズを楽しく鳴らしてくれました。1965年前後のオーディオ製品ながら、こうして修理して聴けることは、本当に幸いです。こうやって手をかけ、修理をすれば当時の豊かな音を出すことができるのですが、これまでの使用者はうまく修理ができなかったからでしょうが、ジャンクにしてしまったことは、まだまだ取りきれない歪みや傷となって残っていますが、可愛そうなことをしたものだと思う次第です。

R0032307

吉祥寺も雪

朝は雨でしたが、気が付いたら雪国に

R0032316

姪はおとうさんと雪だるま作り

R0032317

本日は近くのアトレ吉祥寺のワイアードカフェでお昼を済ませました。R0032315

2013年1月13日 (日)

ラックスSQ38Ds甦る

1960年代半ばなのでもう50年前近く前の真空管全盛の頃の人気のアンプです。年末のジャンク、本当につぶれてしまった状態の塊をオークションで落札、部品取りするしかない・・・と言った惨状でしたが、入手してみると目当てだったトランスも皆無事なのでまず修理して音を聴いてから・・・と思った次第です。昨日までに外形の復旧と電源まで直しましたので、いよいよパワーということで、慎重に進めました。なにぶん故障というよりは前オーナーは放棄したようでシャーシごとつぶしてしまったくらいですし、探ると修理で回路を間違えたり、違う部品を付けたりで良く焼損しなかったものだと思う次第です。

R0032294

まずできる限り60年代に近い音をということで、劣化したと思われる部品は安全上から最低限の交換に押え、音出しまで進みましたがやはり右チャンネルの音がとても小さい、各部の電圧を左右で追って原因を追及、詰めて行けば・・・

R0032306

この部品交換で、快音がでました。ラックスはMQ60やSQ38FDが有名ですが、出力管50CA10は3極管の中でも後期のもので、音質は2A3などのあのサウンドに近いものではないと言う人もいます。

R0032303

今回のSQ38D(S)は6R-A8というMT管ながら、この出力管は60年代半ばにマニアに愛好された近代型3極管です。

R0032297

試聴をしてみますと、さすが名出力トランスOYシリーズの良さもあって、3極管らしい温かみのある低音でなってくれました。
R0032298_2

少し前まで廃品のかたまりであったことは嘘のような午後、いつもの愛聴盤をしっかり聴きました。こうなると50年近く前のアンプとは思えませんね。JBLのスピーカーとはベストマッチです。さてざっと調べてプリ部は片チャンネル音が出ないようなので、さらに修理を続けましょう。

R0032292

パイロットランプが切れてました。部品はあるのですが古いものなので、ここではLEDに回路を変えることにしました。


R0032293_2

2013年1月12日 (土)

ラックスの真空管アンプの修理

さていよいよ部品交換から。とにかくジャンクですから故障の修理というより、復元ということになります。本来壊れている部品を交換するのが修理ですが、すでに修理がされているようでそれが失敗してジャンクになったかもしれないというところもあります。

R0032269

電源回路はすでにどこかの段階で部品交換をしていたようで

メーカーとは思えない半田づけ部分はコテを当てるとカラゲも挿しもしないので簡単に部品がはずれて判りました。

R0032274

シャーシがゆがんだ時に抵抗3本が破損、ラグ板も歪み、部品があちこちでタッチしていました。

R0032271

バイアス回路などの部品も交換されたようです。電源回路の一部は容量が間違っていたりでこのまま電源を入れたら焼損してしまう部分もありました。これが交換された部品。R0032277_4

部品を交換、間違いなどを直して、電源を入れ、A電源、B電源、C電源の出力を確認しました。
R0032276

ということで破損部分、電源部分のパーツ交換が終わりました。
思った以上に変更や間違いがあるようで、回路を読みながらオリジナルへ戻す、パズルを解くような作業です。








2013年1月11日 (金)

60年代 懐かしの宝箱

ホームページをはじめて7年、早いものです。

Ntimage2

http://mtomisan.my.coocan.jp/

この1週間で、渋谷のジオラマのことで3件のお問い合わせを頂きました。

雑誌掲載、テレビ、展示。お話が決まりましたらご紹介しましよう。

ラックスSQ-38DS

年末にオークションで購入しましたが、たしかにこれはジャンクでシャーシがつぶれ、

R0032220
ケース全体が曲がってしまい

R0032233

完全にフレームがつぶれ、ゆがんでしまっています。力ずくで直しましたが、

R0032238


組み上がったままで修正しましたが、ここまで。

そこで分解し、掃除と歪みをなおしながら破損の状況などを見ることにしました。

R0032253

これでフロントパネルを外す方法は判りました。まずつまみを取るんですね。まず、上穴からつまみをはずします。

R0032254_2

つまみの下にフロントパネルを止めるねじがありました。

そしてボリウムの軸が手加工で切った後が。すでにこのアンプは修復を繰り返したもののようです。まるでピラミッドの発掘のようですね。

R0032256_2

サブパネルが出てきました。このパネルをはずすすべてが分解できます。

R0032257

フレーム、アングルなどをはずし
R0032258

1つずつ、万力などを駆使してゆがみを取り、逆に工程で組み上げなおし、掃除をしてみました。内部シャーシもトランスもぴかぴかになりました。

R0032260

このトランス、出力管だけでも買ったら相当の価格がします。

R0032259_3

一見して綺麗になりました。足りないつまみは似たものを調達しましょう。

R0032261

リアパネルを磨いたらSの刻印が出てきました。やはり入力トランスの無いSQ38DSでした。入力トランスは外されたのではなかったということです。

R0032265

オイルコンデンサ、電解コンデンサは文句なく交換ですね。電源系ではダイオードも同様です。固定バイアスですのこれが原因でもろもろ損傷している可能性十分考えられますが、トランス、チョークなどは抵抗値をみる限り、断線もショートもないようです。

安心なのは自己バイアスに回路変更してしまうことですが、とりあえず現状で修理することにしましょう。あとは残っている出力管2本が生きているかです。部分部分動作させて行くのが良いのでしょうか。

ここまで約2時間でした。

2013年1月10日 (木)

DV-7東京初セミナー

本年最初のセミナーを東京秋葉原で開催しました。

R0032247

新メニューということでの入門編、活用篇はDV新しいDV-7を使った作品のオープニングの作り方でした。

メルヘン 大葉チキンサンド

メルヘンのサンドイッチは同じものが2つずつ入り入っていますが、特例は三元豚とたまごは1こづつ入ったセットが有り、もう1つは大葉チキンは定番ポテトサラダとセットになってます。

R0032225

2013年1月 9日 (水)

ジャンク真空管アンプの修理

部品取り目的で購入したアンプでしたが、どこまで直して使えるか、ここまで壊れているとそれも面白いと思います。

R0032242

回路図は古い雑誌に出ています。情報がすべてある訳ではありませんが実機を参考にしながら回路を読めば判ります。


R0032233


シャーシも激しく歪み、抵抗など部品も破損しています。

2013年1月 8日 (火)

御年賀に貰った飴

干支にちなんだ蛇の画の飴。舞来飴、京都産のようです。なかなかのデザイン。

R0032224

2013年1月 7日 (月)

懐かしいベビージャム

給食を思い出します。この両角(モロズミ)のジャムは1963年と言います。
R0032212


懐かしい給食の特集をやってみたいとも思います。

R0032223_2

2013年1月 6日 (日)

正月プロジェクト3

やるテーマが多いので、今回のように時間がまとまる時は、今後のバランスを考え、整理準備するのも良いことだと思いました。仕事が始まれば、時間は断片的になりますし、心持も一定ではありません。

R0032222

ということで真空管の整理をし・・・。検索ワードを見ても圧倒的にオーディオ、真空管アンプ関連が多いですね。

そしてホームページの方もいろいろ更新しております。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

正月休みプロジェクト2

昼食に家族と食事をして、家族たちは風邪で体調を壊したなか、結構頑張れたのは日ごろからセミナーで全国行脚で鍛えたからかななどと話しました。

R0032214

今回は長い休みを頂き、テーマは「かたづけ」でしたが、心身物情報ともリスタートできたように思います。大きな変わり目は丁度年明けには良いですね。

正月休みプロジェクト

いろいろありました。これもその1つ、これからでもありますが年末オークションで

ラックスのSQ-38Dのジャンクを購入。1960年代半ばの製品です。有名な38FDの前身でが出力管は50CA10 ではなく6R-A8。でも正確には38DSというモデルで入力トランスが付いていませんでした。部品取りと思っての購入でしたが・・・。

R0032219

シャーシはめちゃめちゃですが、導通チェックでは貴重なトランス類は皆生きている感じ。

R0032220

入手難で貴重な出力管は2本だけですが、手持ちにあるのでリペアをするか、主要部品を活かして全く別のアンプに仕立てるか・・・

R0032221

キット改造ばかりでは・・・何十台とアンプは自作してきた訳ですし、今年はがんばりましょう

2013年1月 5日 (土)

エフェクター自作本レビュー

ホームページにコーナーを作りました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page160.html

Ef13

それぞれの自作本には特色があります。扱っているアイテム、製作の方法、準備や知識にどんな感じで扱っているかなど、それぞれの特色を紹介して参ります。

クローバーのランチ

六本木クローバーは東急吉祥寺4Fに入っています。本日は東急で買いものがありましたのでここを利用しました。いつもなら、今なかなかないメニュー、グラタンなのですが・・・

ランチはコーンポタージュが付きます。

R0032208

新製品のサーモンと海老のサンド

R0032211

R0032209

きのことナスのパスタはトマト味、

R0032210

和風きのことチキン

久々でしたが味がさっぱりとした感じがしました。ランチはドリンク付き

2013年1月 4日 (金)

PENTAX Q10を使う レンズの選択

 追加レポートをしましょう。レンズ選択です。

R0032205


06のテレズーム(15-45mm)35ミリ判換算で83mmから249mm相当

全域F2.8 と明るく使い易い。このレンズは収納時は短くなるように工夫してあり、そのままカメラの電源を入れると伸ばすようにアラートが表示されます。重さは100g、撮ってみて画像もなかなかシャープに感じます。

Fuji1301041

<東京・吉祥寺からの富士 Q10+06ズームテレ端で撮影>

R0032206_2
使用時、伸びた状態。


R0032207
こちらは広角から望遠をカバーするスタンダードズーム(5-15mm)

35ミリ判換算で焦点距離27.5mmから83.0mm相当

セットで十分な画角のカバーされるようになってます。

予算に余裕があるなら、価格メリットもあるダブルズームセットという方法があります。

TAKANO吉祥寺のケーキ

年末年始、妻が風邪で元気がないので、母と相談してケーキを買いました。初ケーキ。

R0032196

いちごモンブラン、マンゴープリン、スペシャルショート

2013年1月 3日 (木)

正月の富士をビデオカメラで撮影する

東京、吉祥寺からビデオカメラで富士山を撮影してみましょう。

ということで使ったのはSONYのCX-550です。

このカメラは前作のCX-520に比べレンズがワイドに寄ったことで少し心配しましたが

Snapshot4189


一番テレ側でここまでアップできました。

Snapshot3456_3

×1.4のテレコン SONY VCL-1437H

Snapshot2920

×1.7のテレコン SONY VCL-HG1737H

Snapshot1705

×2.2のテレコン RAYNOX HD2200

R0032193

PENTAX Q10を使う

さて3日の夕日の撮影。これは風もあって結構厳しい。寒い!

残念、少し遅かったようで雲が出てきてしまってます。

Imgp0222

それに夕日の色もいまいちですね。

あれ、カメラの調子が変と思ったら前面のつまみが回って

デジフィルターが入ってました。こんな機能があるとはこれまで知りませんでした。

その種類も多いようです。

という訳で「極彩」というフィルターを入れて撮ると

Imgp0214_2

ソリッドモノカラーに切り替えて撮ると

Imgp0215

もちろん、普通にとってPCで加工した方が使いまわしは効くけれど・・・

現場で入ると結果が判り乗りの良い撮影ができるというのはあるかもしれない・・・

カラオケでエコーを入れれば、乗りも良く、より上手さが出るのと似ている・・・いや違うか

Imgp0221

ということでフィッシュアイも使ってみました。空は広い!

さて以下おまけですが、撮り慣れたGRデジタルだとどれくらいとれるか・・・

こちらは慣れているのでこのくらいで

R0032189

明るさ補正をマニュアルでやって撮るとこんな感じになります。かなり広角です。

R0032192

GRデジタルは短焦点なので画角の可変はこのあとトリミングですることになります。

正月の富士3日

連日、東京吉祥寺より撮影しておりますが正月3日。

今日は西の空も晴れているようです。

Imgp0206

Q10でスタンダードズームワイド端

右側を走るのが中央線、左奥に富士山が見えてます。

Imgp0188

テレズームに変えて少し寄ってみました。

Imgp0189_3

さらに寄ってみました。

Kマウントアダプターでも撮影してみましたが雲に隠れはじめました。

Q10は動画撮影もできますので、ビデオ撮影もしましたが

ビデオカメラならどこまで寄れるのかはまた別項に致しましょう。

籠清 高級かまぼこ「鳳凰」

昨日は30%引き、本日は50%引きになってましたが、もともとの値段は1本3700円もします。もともとお正月用のかまぼこの消費期限はみな1月7日あたりですので鮮度が悪い訳でもなく、一度食べたい、半額なら年末に買ったものと変わらないということで購入しました。

Img_0172

食べて見ると、これが普通、いや昔子供の頃などはこのくらいの弾力ときめの細かさ、そしてこく甘味があ有った・・・説明書を見て納得しました。このかまぼこは高級材料で特別高度の加工をしたものではなく、今では難しくなった昔の材料・手作りの製法で作ったものとか。どうだ見抜いたとおりと妻母に自慢したら・・・「ほうおう」と納得されました。

2013年1月 2日 (水)

正月の富士

東京吉祥寺から見える富士をPENTAX Q10 の使い初めで撮影しております。

正月2日の朝は・・・曇りかモヤかで見えない!

Imgp0134

あれっと言う感じですが連日撮影しているとかろうじてうっすら見えてきます・・・

Imgp0140

テレズームのテレ端でかすかに見えました。

さて夕日はどうかと言うと

Imgp0172

綺麗な夕日ですが、何か綺麗に見えそう・・・か

Imgp0174

綺麗なシルエット、どこか形が変かな

Imgp0176

そう雲をかぶっても富士山ってやはり判る。綺麗な夕焼けがとれました。

(画像加工一切なしです。)

武蔵野八幡 初詣

恒例ではありますが、いつもより早く出かけたところ少しすいていました。

R0032186

いつも参道横がぬかるむのですが玉砂利になっていました。

R0032187

2013年1月 1日 (火)

からだにやさしいおせち

御食事宅配でお世話になっているレパスト製。

R0032172

多くなりがちなカロリー塩分が管理されています。

R0032173_2

謹賀新年2013

今年もよろしくお願い致します。

母が作りました御雑煮で新年を迎えました。

R0032171

新年そうそう撮影。フェースブックに上げております。

http://www.facebook.com/home.php#!/mtomisan

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ