無料ブログはココログ

« 懐かしの時代展 | トップページ | SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く »

2013年1月26日 (土)

LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける後編

おかげさまで各種ヘッドホンが試聴できるアンプとなりました。ヘッドホンアンプと考える大変贅沢ですね。

R0032527

スタックスのアダプターSRDシリーズの回路と言われるものをコピーしましたが、自分が思った音質、性能は得られませんでした。

R0032526

R0032525_2
ということでSQ-38Dの内部電源を利用し、自分で考えた回路を搭載することにしました。ノーマルバイアス、プロバイアスを用意できましたのでスタックスのコンデンサーヘッドホンが自由に使えます。

R0032524

こうしたパワーアンプを利用したコンデンサーヘッドホン用アンプも面白いと思います。

« 懐かしの時代展 | トップページ | SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける後編:

« 懐かしの時代展 | トップページ | SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ