無料ブログはココログ

« ラックスのトランスのラベル | トップページ | 懐かしの時代展 »

2013年1月26日 (土)

LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける

予告どおりですが、さて回路です。

R0032490

信号系は6R-A8PPのプレートからそれぞれカップリングコンデンサと放電用の抵抗をつけて引き出すだけなので簡単なものです。今回は音響用を部品を使ってみました。

R0032488

問題はバイアス回路ですが、STAXのアダプターの回路をコピーしてみました。

R0032489

バイアス電圧が低く、パンチが足りない感じです。

R0032491

« ラックスのトランスのラベル | トップページ | 懐かしの時代展 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける:

« ラックスのトランスのラベル | トップページ | 懐かしの時代展 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ