無料ブログはココログ

« 御年賀に貰った飴 | トップページ | メルヘン 大葉チキンサンド »

2013年1月 9日 (水)

ジャンク真空管アンプの修理

部品取り目的で購入したアンプでしたが、どこまで直して使えるか、ここまで壊れているとそれも面白いと思います。

R0032242

回路図は古い雑誌に出ています。情報がすべてある訳ではありませんが実機を参考にしながら回路を読めば判ります。


R0032233


シャーシも激しく歪み、抵抗など部品も破損しています。

« 御年賀に貰った飴 | トップページ | メルヘン 大葉チキンサンド »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
SQ38の修理で検索してここへたどり着きました。
私も10年前にこのアンプを入手して素人ながら修理を繰り返し使っています。
私より年上のアンプですが十分現代でも楽しめます。
一点ご教授ください。
B電源の整流回路でSE0.5aの後に抵抗が入っていると思いますが回路図では何オームの抵抗でしょうか?
不躾な質問ですみません。

書き込みありがとうございます。
回路図ではB電源のSE05aには抵抗は入っていないようです。C電源には(ダイオードはSK-1)シリーズに5Ωの抵抗が入っています。

早速のご回答、有難うございます。
表現が悪くて申し訳けありません。
B電源ダイオードSE05aの後の100MFDの平滑用コンデンサを抱いている抵抗があると思いますが、その抵抗値がしりたいです。
宜しくお願いします。

上下に500KΩづつ入ってます。昨今ならE12系列470kΩか24系列で510kΩですが上下の定数が同じであれば、電圧バランス&放電用なので前後の値で問題ないと思いますが。

有難うございました。
以前、修理した時に抵抗のカラーを読み違えて実装していました。久しぶりにメンテしようと実測していたところ気づいた次第です。
おかげさまですっきりいたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク真空管アンプの修理:

« 御年賀に貰った飴 | トップページ | メルヘン 大葉チキンサンド »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ