無料ブログはココログ

« SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く | トップページ | 東急東横店 懐古展の展示で »

2013年1月27日 (日)

SQ-38D 高音質化をはかる

不良の部品を交換するなど修理はしましたが、経時変化や、さらなる高音質化を考えると消耗性の高い部品は、この際交換することにしました。交換前です。

R0032534

オイルコンはすでに交換された感じもしますが、今回フィルムコンに交換します。電解コンも新しいものやさらに音響用などに、音質へ大きく影響するところから交換しました。交換後です、

R0032552

内部もすっきりしました。

R0032550

外された古い部品です。生産されてから50年近くたつので、すでにオリジナルから交換された可能性もあります。

高音質化と称してやみくもに高価な部品に交換する方がいますが、回路や種類で部品には音質への貢献度というものがある程度決まっていて、効率の良い詰め方というものがあるものです。

R0032548

音質は分解能が上がった感じ、かっちりして伸びも良くなった感じです。

« SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く | トップページ | 東急東横店 懐古展の展示で »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SQ-38D 高音質化をはかる:

« SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く | トップページ | 東急東横店 懐古展の展示で »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ