無料ブログはココログ

« LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける後編 | トップページ | SQ-38D 高音質化をはかる »

2013年1月26日 (土)

SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く

実際にいろいろなヘッドホンを繋いで聴いてみましょう。

R0032528


インピーダンスや感度の違いによる使い勝手、タイプ別の音質も確認できます。

SONYのCD-900にはじまり、コンデンサー型はSTAX、SR-3、SR-ラムダ、SR-αプロ。

ゼンハイザーDT-414、ベイヤーDT-48、ヤマハHP-1、パイオニアSE-50など各年代、各タイプの名器です。

このアンプで聴くとそれぞれの良さが出て、音楽が楽しめます。

次は、アンプとしても音質の向上、そしてイコライザーアンプのチェックでしょうか。

« LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける後編 | トップページ | SQ-38D 高音質化をはかる »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SQ-38Dで各種ヘッドホンを聴く:

« LUX SQ-38DにSTAX用ヘッドホン端子を付ける後編 | トップページ | SQ-38D 高音質化をはかる »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ