無料ブログはココログ

« 吉祥寺も雪 | トップページ | 各地訪問 名古屋 »

2013年1月14日 (月)

ラックスSQ-38Dを修理

出力管に3極管6R-A8を使ったオークションで入手したアンプの修理ですが、昨日まででパワーアンプ部が終わり、本日プリアンプを終了し、当時の音を朗々と鳴らすところまで参りました。LUX型のトーンコントロールも動作しました。片チャンネルが鳴らなかったのは調べてみると半田不良が2か所。なにぶん50年前のもの劣化もあります。

R0032320

ということ本格的な音質向上、安定化はこれからになりますが、ジャンクから初めて動作するところまで来ました。不足していた2本の出力管は新品の手持ちを使うのは惜しいので、やはりオークションで落札した中古品です。MT管ながら3極管特有のふっくらした低音、柔らかな中高音は、全盛の5極管、ビーム管にはないものです。

R0032325

懐かしいジャズを楽しく鳴らしてくれました。1965年前後のオーディオ製品ながら、こうして修理して聴けることは、本当に幸いです。こうやって手をかけ、修理をすれば当時の豊かな音を出すことができるのですが、これまでの使用者はうまく修理ができなかったからでしょうが、ジャンクにしてしまったことは、まだまだ取りきれない歪みや傷となって残っていますが、可愛そうなことをしたものだと思う次第です。

R0032307

« 吉祥寺も雪 | トップページ | 各地訪問 名古屋 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラックスSQ-38Dを修理:

« 吉祥寺も雪 | トップページ | 各地訪問 名古屋 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ