無料ブログはココログ

« ラックスSQ-38DSにヘッドホン端子を付ける:検討 | トップページ | 緑の山の手線 »

2013年1月18日 (金)

SQ38DSにヘッドホン端子を付ける:工作1

ヘッドホン端子を挿すとスピーカーが切り離されヘッドホンに切り替わるということは、出力トランスを持ち、そこに負荷を付けるというアンプの構造からも具合が良いものです。

R0032423

しかし市販のヘッドホン端子にスイッチ付きは少ないので、自分の部品箱を探したところマイク端子がこの仕様でした。ヘッドホン端子はスピーカーが切り離されるタイプで、ダミーロードに切り替われにはスイッチ接点が足りないのです。

R0032425

そこで、分解して

R0032426

マイクの端子をスイッチ端子を取りだし

R0032427

移植し

R0032428

再組み立てしました。
R0032429
端子の増設場所はフロントパネルに穴あけするのも気が引けたので、背面で使っていないDIN端子、ACアウトレットを外しました。

R0032422

SONYのCD-900で簡単な試聴をしてみました。心地よい真空管サウンド、今では入手の難しい、キットや製品でも採用されることはない6R-A8の温かく、かつ歯切れのあるものです。

« ラックスSQ-38DSにヘッドホン端子を付ける:検討 | トップページ | 緑の山の手線 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SQ38DSにヘッドホン端子を付ける:工作1:

« ラックスSQ-38DSにヘッドホン端子を付ける:検討 | トップページ | 緑の山の手線 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ