無料ブログはココログ

« 千年葡萄屋のランチ | トップページ | 姪の作ったチョコレート »

2013年2月24日 (日)

プラグインタイプのフォノイコライザー製作

クォードタイプを試作してみて、実装面での改良が必要なことが判明しましたのでそれを反映しての製作です。

R0032926

かまぼこ板のベースを少し大きくしました。抜き差しの仕組み、裏側はこんな感じです。

R0032927

裏側が使えない代わりには天面からのチェックができるということがあります。

真空管の下側が使えないので実装密度を上げるため、基板+ラグ版とすることにして、「マランツ」タイプはこんな感じになりました。

R0032936

マランツタイプのEQが改造したラックスSQ-38DSのフォノ2に使えるという感じなります。

まずはチェックですが、お休みも終わってしまいました。

« 千年葡萄屋のランチ | トップページ | 姪の作ったチョコレート »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラグインタイプのフォノイコライザー製作:

« 千年葡萄屋のランチ | トップページ | 姪の作ったチョコレート »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ