無料ブログはココログ

« メルヘン トリプルサンド | トップページ | 実家の掃除 吉祥寺⇔横浜 »

2013年4月30日 (火)

TU-8100改造で聴いてみる

片づけものをしたら、未試聴の球が出てきました。多くはこれまでのアンプのB電圧の関係から挿さなかったものです。いずれも7ピンで6AR5似の配置ですのでそのまま挿しました。試聴してみてなかなか良い結果のものがありました。3結での試聴です。

R0033531

6M-P18

入手できたのがレイセオンの球というのが意外なのですが、6M-P17に比べるとスクリーングリッドの耐圧が低い球です。東芝6M-P17は大変バランスの良い音でしたが、こちらはより中低域も豊かで楽しめる音がしました。こちらもテレビの音声球です。

R0033533

6BF5

テレビのビデオ系の球だったと思いますが入手したものはRCA製のブラックプレートでこちらは高域が派手目の音がして、ドラムのリム音がはっきり響くしっかりした音がしますがこれも良い感じです。

R0033539

EL95

テレフンケン製でヘッドホンアンプ自作などの使用でみかけたと思います。小型でヒーター電力も小さいのでどうかと思ってましたが夜間など、なかなか小気味の良い音を出してくれます。

TU-8100の改造はこうした小型管を200V前後、以下の低い電圧で聴くには良いベースになると思います。

R0033541

やりかて出来ていないことはまだまだあるという感じです。

« メルヘン トリプルサンド | トップページ | 実家の掃除 吉祥寺⇔横浜 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8100改造で聴いてみる:

« メルヘン トリプルサンド | トップページ | 実家の掃除 吉祥寺⇔横浜 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ