無料ブログはココログ

« 測定ユニット | トップページ | ヘッドホンアンプの高音質化 »

2013年5月 4日 (土)

未試聴真空管を聴く

昨日作成したユニバーサルタイプの変換ソケットで効率よく差し替えられます。

R0033590

これが本日試聴の真空管たち

R0033575

6R-A9

テレビの垂直偏向増幅用3極管。今回のケースより高い電圧で使えますが、偏向用なのでオーディオには歪は多く本来向かないのですが、それがそれで音色として良い味を出しているのでしょう。シンバル音の響きは細かく抜けの良いさわやかな音で音楽を聞かせてくれるのはとても意外です。

R0033579_2

6R-A6

同様のテレビ用 垂直偏向管ですが6R-A9に比べると直線性は高くオーディオ用途のHifi管もあったそうです。そのためかアタック音も良く抜けも良い、中低域の張りもあります。本来はインピーダンスが低いのを無理に使っていることになります。R0033580_2
12B4A

3極出力管ですが有名なフッターマンアンプでも使われています。ここで困るのがヒーター電圧です。アンプの中の切り替えを利用すれば対応できるのですが、管の中点を利用して6..3Vとしますが、ユニバーサルタイプのコネクターに並列対応パーツを作りました。

そのままの定数ではバイアスが悪く電流保護が入るほど電流が流れます。ここでユニバーサルコネクターの利点でカソードに挿入抵抗150Ωを入れてます。音はさすがに3極管らしく甘く、自然な余韻、スネアドラムも抜けの良い音がしました。

R0033583

6R-A8

有名なオーディオ用3極出力管です。真空管アンプ全盛期、メーカーアンプの中出力クラスにはたいてい使われていました。こちらもカソードに抵抗を入れてます。快活でかろやか、中低音もふっくら馬力があります。シンバル音の響きはさすがに良い音がします。R0033587_4

6R-B11

テレビの垂直偏向用ビーム管で真空管メーカーではオーディオ用にも勧めていました。3極管接続で6R-A8ほどでのスケール感はありませんが、ピアノ音、シンバル音ともなめらか。

R0033589

こちらが本日試聴した真空管。

ほとんどがピン接続は異なりますが、ピン配置表を作ってピン変換を行ってます。そのためのノート

R0033592

明日の試聴予定の真空管です。

R0033591








« 測定ユニット | トップページ | ヘッドホンアンプの高音質化 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未試聴真空管を聴く:

« 測定ユニット | トップページ | ヘッドホンアンプの高音質化 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ