無料ブログはココログ

« GW墓参 | トップページ | GW最終日 »

2013年5月 5日 (日)

未試聴管をTU-8100改造で聴く

変換コネクターにユニバーサルタイプを製作したので簡単に各種の球を試聴することができるようになりました。

R0033593

6CL6

テレビ用映像増幅管です。スクリーングリッドの耐圧が低いこと、第3グリッドがカソードに接続されていないのでアダプターを作りました。

3結は低音もしっかりしており、リムショットなどアタック音が特に響きます。シンバルは控えめ、感度が高い。5極管接続で試聴すると元気のある音。

R0033595_2

6EM5

昨日の6R-B11の原型になった海外球とも言われるらしいです。カソードに抵抗を追加して差し替えています。

3結でアタックが強く、シンバルの音も伸び、元気な音。

CV4055

6CH6のことで、映像用出力管、レーダーなどでも使われたとい話もあります。6BQ5似ですが感度が高いようです。第3グリッドが別ピンになってます。

3結でもダイナミックで中低域がしっかりしています。ピアノソロの音もたっている、ドラム音もしっかりしている。

R0033596

EL81

6CJ6、テレビの出力管、トッププレートですのでキャップを自作しました。こちらもカソードに抵抗を挿入、第3グリッドがカソード接続されないのでこれもアダプターで接続しています。

3結は外観に似あわず意外にナチュラルな音、シンバルも穏やかで細い。中低域も丸くはずむ音。

R0033604

これが今回製作使用したアダプターパーツです。

R0033606

試聴した真空管です。

« GW墓参 | トップページ | GW最終日 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未試聴管をTU-8100改造で聴く:

« GW墓参 | トップページ | GW最終日 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ