無料ブログはココログ

« 実験アンプ改造 | トップページ | 未試聴管を聴く~6BQ6/6CM6(EL36)/12GB7/25E5(PL36) »

2013年6月 9日 (日)

実験アンプで未試聴管を聴く 50HB26

松下のOTLアンプに使用されていたので有名なこの球。画像でみるとMT管のように見えますがとてもでっかいマグノーバル9pin。変換ソケットを使って挿しました。

R0034064

この球はおそらくメーカーアンプ保守用に残っていたからこそ10年ほど前に入手できたのだと思います。しかしこれまで、ヒーター電圧、電源電圧でなかなか動作させられなかった・・・

R0034062_2


今回実験アンプのユニーバーサル化で試聴ができました。プレート電圧210V、スクリーン電圧115V、RL=2.5K、ヒーター電圧はもちろん50V。

音の立ち上がりがとても速く、シンバルの金属音をスリリング、ピアノの甘いところヒステリックなところ上手く鳴り分けます。低音はふっくら甘く、ドラム類の胴の鳴りがここち良い。なかなか他にない楽しめる音がします。

さて変換ソケットは過去ずいぶん作りましたが、今回はヒーター電圧の制約もなく、電源電圧も変えられるので、またいろいろ聴くことができると思います。過去エレキット改造でいろいろ聴いたレポートは以下からご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html

R0034065

« 実験アンプ改造 | トップページ | 未試聴管を聴く~6BQ6/6CM6(EL36)/12GB7/25E5(PL36) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実験アンプ改造 | トップページ | 未試聴管を聴く~6BQ6/6CM6(EL36)/12GB7/25E5(PL36) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ