無料ブログはココログ

« 松本豊美作品セミナー | トップページ | 千葉までサポート »

2013年6月18日 (火)

実験アンプで未試聴管を聴く KT-33C

KTナンバーと言えば、KT-88、そしてKT-66が断然有名ですが、KT-33Cというのもあります。ヒーター電圧が25V、プレート、スクリーングリッド電圧が200Vと、既存のアンプではちょっとやっかいな球です。実験アンプのトランスにはヒーター巻き線がありません。必要なレギュレーターを使う方式なので、24Vを使えば良く、B電圧もHi、Low2段切り替えにそれぞれ4段階あります。Hiレンジの最も低い電圧を使えば200Vくらいなのですが、ヒートアップまでレギュレーションの関係から高めの電圧が出ますので、Lowレンジの最高電圧を使いました。

R0034156

KT-33C(GEC製) UL接続

Vp=145V、RL=5KΩ、Rk=330Ω、Ik=32mAで試聴

ピアノ音は鮮烈で表現力もあり、高音でダイナミックな音ではひずみぽさもあるが、中音はまったりとしている。ベースはしっとり、シンバルは前に出て、スネアはバラけるが、全体としてはまとまってバランスも良い。低域はブカブカだが、弦のボーイング、ヤニ音はとても刺激的。

動作ではUL接続が良かったように思います。

R0034155

« 松本豊美作品セミナー | トップページ | 千葉までサポート »

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本豊美作品セミナー | トップページ | 千葉までサポート »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ