無料ブログはココログ

« 作品セミナー 第7回ビデオフェスティバルをふるかえる | トップページ | 実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5 »

2013年7月24日 (水)

実験アンプで未試聴管を聴く 6C41C

これまでは手持ちの未試聴を聴いてきたのですが(まだまだ未試聴は残ってます)

これは先週秋葉原で買った球です。先日聴いた6C33Cの弟分と言われているようですが、作った6C33アダプターを流用して聴けるということが分かった・・・というのが理由です。

R0034850

Vb=200V、Ib=65mA、RL=2.5KΩ、Rk=800Ωで聴いてみました。

R0034854

正直、真空管アンプでもこんな音が出るの・・・と思うくらいアタックが強く、音の立ち上がりよく切れ分離している。これ無帰還アンプなんだけれど。石アンプにはない豪快な低音も健在、パワー感もある。

R0034853

驚きました。いつもの試聴版だけでなく、クラシック、ボーカルなど次々鳴らしてみましたが、楽しめます。この球はOTLで有名のようですが、トランス付きでも十分な音がします。

この球も実験アンプを作って良かった・・・という感じです。

« 作品セミナー 第7回ビデオフェスティバルをふるかえる | トップページ | 実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作品セミナー 第7回ビデオフェスティバルをふるかえる | トップページ | 実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ