無料ブログはココログ

« 吉祥寺 千年葡萄屋 | トップページ | 実験アンプで未試聴管を聴く  6JB5(RCA) »

2013年7月27日 (土)

実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5(東芝)

前回試聴した同じ6DQ5なのですが前回のフィリップス球とはずいぶん外観が違います。

上が東芝

R0034892


ゲッターの位置が横なのは印象を変えますし、高さ内部構造も違っています。何か6L6GCがトッププレートになったような感じ。

今回はシングル動作例として知られるところに近い設定して、聴いてみました。

Vb=250V、Vsg=175V、Ib=70mA、RL=5KΩ、R,k=470Ω

R0034891

ピアノは艶があり、ベースもしっかり元気で、スネアドラムの響きは粗く、シンバルは細い。先日のUL接続のフィリップスの球とはずいぶん印象が違います。

R0034890

« 吉祥寺 千年葡萄屋 | トップページ | 実験アンプで未試聴管を聴く  6JB5(RCA) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉祥寺 千年葡萄屋 | トップページ | 実験アンプで未試聴管を聴く  6JB5(RCA) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ