無料ブログはココログ

« 実験アンプで未試聴管を聴く 6C41C | トップページ | 富良野のお土産 »

2013年7月25日 (木)

実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5

旧式カラーTVの出力管。まだトランス式が多かった時期で6V系の球が多かったらしいく市場にも多いみたい。フィリップスの球。形もちょっと太めストレートで少しレトロな感じ。旧式というところで効率が悪く、ヒーター電力も大きいので、ヒーターも赤々しています。ピンは6BG6の変換ソケットがそのまま使えました。もちろんトッププレート。

R0034867

試聴はUL接続、Vb=210V、RL=5KΩ、RK=470Ω、Ib=80mAで試聴。

いろいろ電圧、電流を選び、SG電圧も変えましたが音が粗れるので結局ULが良いみたい、UL接続にするとぐんと音がマイルドになります。ピアノとか丸く甘い。中低域は少しぶかぶかで、シンバルは少しささくれてているけど、スネアとかのアタックは気持ちが良いです。

R0034863_2

このところレギュレータ系の3極管を聴いてきたので、あらためてグループが違う別格な感じです。

« 実験アンプで未試聴管を聴く 6C41C | トップページ | 富良野のお土産 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実験アンプで未試聴管を聴く 6C41C | トップページ | 富良野のお土産 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ