無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

艦船キットコレクション4改造 改大鳳型

全6種と言っても半分はフルハルなので3種、4艦。

航空母艦は「大鳳」。装甲空母としてマリアナ沖海戦でデビューながら、魚雷を受け、漏れた航空燃料に引火大爆発というあっけない最後、戦歴は3カ月ほどで改装もなし。ということでストレートに1隻組んで終わりそうなのですが、それなら計画艦改大鳳型をということ作ってみました。

R0034977

追加予定であった広角砲2門は、型思いでコピーを取り注型し増設。塗装は手塗りです。

AIR DO 北海道スープセット

ソラスープが終わったので、先日機内で買ったスープを飲みはじめました。

R0034957

味は3種類。まずジャガバターから飲んでみました。

種類ごとに引き出し風になったパッケージに工夫があります。

アトレ吉祥寺 籠清閉店

小田原生まれの自分としては日々地元のものが入手できるのは幸いでしたが、
ついに7/31を持って閉店となりました。残念です。

R0034959


ということで最後に購入したのはこちら

R0034960


ずっと気になっていた、籠清の黒

R0034961

通販はやってくれる・・・とのことです。

LA TERRE アトレ吉祥寺店

以前より落ち着いてきたパン屋さんです。

ひよこ豆のカレー、とうもろこしのフォカッチャ

R0034932

変わったパンがあります。アトレ2Fです。

TV垂直偏向複合管のオーディオ利用

水平出力管、垂直出力管の利用は過去よりありますが、近年垂直偏向複合管の利用に人気があるようで、MJ誌やその別冊に掲載され、知りました。

R0034948

実験アンプでは、変換ソケットを使い、各種パラメータ設定して聴くことができます。

6EW7、6GF7、6EM7などです。

2013年7月30日 (火)

艦隊キットで量産中

さすがに1/2000スケールです。スペースが少なくてすみます。

R0034935

これだけそろうと改造をしたくなります。

ナチュラルハウス 魚旨

でんぷんも化学調味料も入っていないかまぼこです。

R0034931

アトレ吉祥寺のお店で販売。

2013年7月29日 (月)

実験アンプ計画いろいろ

実験アンプによる未試聴管の試聴は山を越えていますがもうしばらく続くと思います。

一方で回路を変えた実験アンプも考えています。

今回で良かったのは過去のメーカーキット改造でできなかった部分をやったことと、しっかりした出力トランスを使ったことでしょう。

R0034927

ということで珍しいラックスのトランスを入手しましたOHシリーズのPP用のトランスです。オークションでしたが、ご存じの方が少なかったのか安価で入手できました。

Luxt6_2

タンゴのトランス大型シングル用も待機中。

R0034929

大型直熱管の実験アンプを作る時に使えそうです。

整備を待つラックスのSS5B5です。

R0034928

艦船増産中

艦船キットコレクション4を入手しましたので、工作リハビリかね増産中です。

 

R0034930

もちろん洋上タイプ。4で1944年設定ですから、5は1945年の設定になるのでしょうか・・・

2013年7月28日 (日)

実験アンプで未試聴管を聴く 6AG7

この球は映像用増幅管でオーディオアンプに使えることを40年前に知りました。

R0034922

この本でです。オーム社の本。当時まだ中学生だったと思います。

R0034923

本ではプッシュプル3結の回路が出てます。

本日、シングルながらこの球を鳴らして音を聴くことができました。

メタル管なんです。

R0034901
かなり変わったピン配置なのでソケットはユニバーサル対応しました。

たぶん、他に似た球はないと思いまして。

R0034900


Vb=260V、3結、Ib=42mA、Rk=150Ω、RL=2.5KΩで聴いてみました。

外観から想像できない音でした。

ピアノ音は丸くスネアは響きがある。低音はふっくら、シンバルは細い。全体としてはアタックは強くバランスは良いです。

本に掲載されているプッシュプルの回路なら、もっとまとまった音かもしれない・・・40年を隔て本日、この球の音を聴くことができた訳です。

R0034899


このように実験アンプではいろいろな真空管を聴くことができます。

懐かしい夏休み特集

ホームページを更新しました。ゼロ戦周辺が今話題ですが50年前も子供たちの間で話題でした。

Image293

詳しくはこちらを

http://mtomisan.my.coocan.jp/page091.html

実験アンプで未試聴管を聴く  6JB5(RCA)

テレビ用管をしばらく聴いています。この球は雑誌の別冊を見るまで知りませんでした。12ピンデュオデカベースで外観は海坊主のような球です。6V6~7591の中間くらいの規模の球のようです。

R0034898

Vb=255V Vsg=200V Ib=45mA Rk=330Ω RL=2.5kΩで聴いてみました。

外観は異様ですが、音は結構まともです。ピアノは綺麗で、ベースもふっくら、全般立ち上がりの良い音でスネアの余韻も綺麗に響き、シンバルは冴えています。

R0034896

この球も今回実験アンプを作って試聴でくことがきました。

R0034897

2013年7月27日 (土)

実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5(東芝)

前回試聴した同じ6DQ5なのですが前回のフィリップス球とはずいぶん外観が違います。

上が東芝

R0034892


ゲッターの位置が横なのは印象を変えますし、高さ内部構造も違っています。何か6L6GCがトッププレートになったような感じ。

今回はシングル動作例として知られるところに近い設定して、聴いてみました。

Vb=250V、Vsg=175V、Ib=70mA、RL=5KΩ、R,k=470Ω

R0034891

ピアノは艶があり、ベースもしっかり元気で、スネアドラムの響きは粗く、シンバルは細い。先日のUL接続のフィリップスの球とはずいぶん印象が違います。

R0034890

吉祥寺 千年葡萄屋

今週は大阪一泊、岩手日帰りと出張。考えてみると今月は1カ月で九州福岡、熊本、大分、名古屋、北海道富良野といろいろなところへ行ったものです。ここでひと段落。

ということで家族で食事に行きました。おなじみのこのお店もメニューが少し変わってました。

R0034881

ジャガイモのポタージュ冷製

R0034882

ほうれんそうとバジルのパスタ

R0034883

メインA:豚肩ロースのオレンジワイン煮込み

R0034885

メインB:チキンの白ワイン煮

R0034886


メインC:サーモンのトマトソースパイ包み

メインを1つ選んで

パン食べ放題で飲物かデザート付きでお昼のランチ1000円。

2013年7月26日 (金)

DV-7岩手セミナー

DV-7HDをご紹介するセミナーを岩手県江刺の生涯学習センターで行いました。

R0034874

県下沢山の方々に集まっていただきました。

R0034871


DV-7HDが3台、そしてDv-7DLproも接続デモもやりました

まる1日、数々のご質問にお答えし、皆さん納得していただきました。

2013年7月25日 (木)

富良野のお土産

夏休みの姪が、おばあちゃんのマンションに夕食を食べにきましたので富良野のメロンをごちそうしました。

R0034856

豪快なたべっぷりです。

R0034857

実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ5

旧式カラーTVの出力管。まだトランス式が多かった時期で6V系の球が多かったらしいく市場にも多いみたい。フィリップスの球。形もちょっと太めストレートで少しレトロな感じ。旧式というところで効率が悪く、ヒーター電力も大きいので、ヒーターも赤々しています。ピンは6BG6の変換ソケットがそのまま使えました。もちろんトッププレート。

R0034867

試聴はUL接続、Vb=210V、RL=5KΩ、RK=470Ω、Ib=80mAで試聴。

いろいろ電圧、電流を選び、SG電圧も変えましたが音が粗れるので結局ULが良いみたい、UL接続にするとぐんと音がマイルドになります。ピアノとか丸く甘い。中低域は少しぶかぶかで、シンバルは少しささくれてているけど、スネアとかのアタックは気持ちが良いです。

R0034863_2

このところレギュレータ系の3極管を聴いてきたので、あらためてグループが違う別格な感じです。

2013年7月24日 (水)

実験アンプで未試聴管を聴く 6C41C

これまでは手持ちの未試聴を聴いてきたのですが(まだまだ未試聴は残ってます)

これは先週秋葉原で買った球です。先日聴いた6C33Cの弟分と言われているようですが、作った6C33アダプターを流用して聴けるということが分かった・・・というのが理由です。

R0034850

Vb=200V、Ib=65mA、RL=2.5KΩ、Rk=800Ωで聴いてみました。

R0034854

正直、真空管アンプでもこんな音が出るの・・・と思うくらいアタックが強く、音の立ち上がりよく切れ分離している。これ無帰還アンプなんだけれど。石アンプにはない豪快な低音も健在、パワー感もある。

R0034853

驚きました。いつもの試聴版だけでなく、クラシック、ボーカルなど次々鳴らしてみましたが、楽しめます。この球はOTLで有名のようですが、トランス付きでも十分な音がします。

この球も実験アンプを作って良かった・・・という感じです。

作品セミナー 第7回ビデオフェスティバルをふるかえる

松本豊美先生を講師に迎えての3回目東京会場。本日が最終回。

R0034846_2

ということもあってお天気が悪い中でも沢山の方がお集まりになりました。

今回は作品をどうつくるかの総集編、皆さん真剣に聞き入っていました。

R0034845

さらに、ローランドの編集製品のミニプレゼンも人気でした。

R0034848

ということ東京・大阪で合計5回行ったこのセミナーも好評のうちに終了です。

ご参加の皆さんありがとうございました。

2013年7月23日 (火)

TMSレイアウトコンペ2013発表

鉄道模型趣味2013年8月号誌上に結果が発表になりました。

Tms201308

おかげ様で、特別賞、準佳作賞の2つの賞を頂きました。

特別賞は20年ぶり、以前は例年佳作賞受賞が普通だったのでレベルが上がったか工作力が落ちたか・・とも思うのですが、今回の総評にあるように「写真で審査する」という(実際は雑誌記事掲載になるので誌面写真としての見栄え・表現力・説得力)ところがより重要視されるところなのでしょう。

正直自分は写真カットを撮るために模型を作っている訳ではないので、上位を目指すなら考え方を変え作るべきなのでしょうが、過去一応入選までいただいてますので目標は賞ではないと思ってます。

でも例年設定されている訳でない「特別賞」の2度目をいただくということは長く模型をやっているものとして嬉しく思います。

詳細評価は次月以降だと思います。

各地訪問 大阪

大阪、定宿の朝食です。

R0034835

お昼はセミナー会場のある同じビルのレッドリバーでプチオムライス350円

R0034817

夜は新大阪駅で変わったおにぎり。4色いっしょ入りというのですが・・・食べても判らず

R0034832

DV-7大阪セミナー

大阪も暑い!駅前第2ビルで7月のセミナーを実施しました。R0034821_4

今回はBD/DVDの焼きかたを詳しく説明しました。

R0034826




2013年7月22日 (月)

あごスープ

以前、熊本へ行った時にソラシドエアーの機内で買った粉末スープ。

R0034611

あご(とびうお)だしを使ったこくのあるスープです。

R0034612

蓬莱551 平うち冷麺

本格シーズン。この平うち麺がいよいよ登場!R0034816


そしてご飯もの(炒飯を選択)、餃子をつけました。

R0034815

DV-7大阪勉強会

東京から大阪へ移動。京橋のDV-7HDのユーザーさんへ訪問しての開催です。

R0034814

今回もご紹介で購入希望の方も交え、3時間みっちり質問大会となりました。

R0034813

昼食は近くの喫茶アンダンテでミックスサンド+珈琲で550円。懐かしいタイプです。

美瑛・富良野訪問 その3

今回のDV-7セミナー&撮影会ではまだまだレポートできていないスポットがいくつもあります。

六花亭

Timgp3340

あの御菓子の六花亭の葡萄園です。

Tr0034665

展望室が有り、富良野の一体が一望できます。

Timgp3343

休憩、お土産の購入ができますが、珈琲が無料で飲めます。

新星館

Imgp3394

須田剋太・島岡達三美術館、 建物は新潟の旧農家を移設して利用。大阪のお好み焼き経営者の運営しています。

Imgp3397t

建物3階の展望室からは美瑛の丘や十勝岳連峰を一望できます。

北西の丘展望公園

Tr0034742

美瑛町エリアを一望、
観光案内所やガラス工房・売店等もあります。

Tr0034748

ピラミッド型の展望台からは丘陵地帯の全景や大雪山連峰が見渡せ美瑛らしい景色が楽しめます。

Tr0034752

展望台も駐車場もない道路でもパッチワークの丘や丘陵地帯が一望できるところがあります。

昼食は美瑛の道の駅「丘の蔵」隣にあるふれあい館ラヴニールで「大地のカレー」をいただきました。
Tr0034756

吹上温泉
Tr0034769

十勝岳のふもとの温泉で白銀荘には温泉施設が整っており、登山者や山スキー客の日帰り入浴でにぎわうそうです。

十勝岳温泉・登山口

Tr0034765

さらに登ると十勝岳の登山口に十勝岳温泉が有り、登山口になっています。

Timgp3488

近くの山肌が手に取るよう、残雪が見えます。

Timgp3490

また富良野全体を見降ろすこともできます。

Tr0034773

行き帰り山道ではキタキツネやエゾジカを見ることができました。

解散式、8名が札幌に1名は秋田まで帰ります。
今回のDV-7研究会北海道支部のスペシャルセミナーは大変充実したものになりました。

Tr0034757

皆さんお疲れ様でした。レポートするのに何日もかかるくらいいろいろあった2日間でした。

旭川空港まで送っていただき、空港で旭川ラーメンをたべました。

Tr0034777

2013年7月21日 (日)

吉祥寺葡萄屋

父の命日に、父の好物であった「すき焼き」で偲ぶという家族の催し。

R0034803

お昼のコース。お肉は特選です。

R0034802

予約した方が良いですが、松花堂弁当も人気

R0034804

ドリンクに紅茶が増え、デザートの種類も少し変わりました。

R0034805

葡萄屋は風情のある室内です。

R0034801



艦隊キットコレクション4

知らないうちに4が出ていて、ヤフオクで入手。3が出たのが確か昨年でした。今回は1944年設定です。大鳳、武蔵、矢矧+秋月の3アイテム×洋上・フルハルで全6種です。

R0034797

上は同じ1./2000スケールの1980年のバンダイのネービーコレクション。

R0034800

大鳳 パッケージ内部はこんな感じ。

R0034798

武蔵 当然ながら両舷から副砲を取った姿。

R0034799

軽巡と駆逐艦のセット

いずれも、改造など考え洋上タイプを複数入手しましたが、人気は以前ほどないのかもしれません。

2013年7月20日 (土)

北海道のお土産

姪たちには、帰りの便で買ったグッズをプレゼントしました。

R0034793
エアドゥ限定の白くま

R0034794
こちらも限定の4色ボールペン+シャーペン

それに撮影した写真をセレクトしてあげました。

美瑛・富良野訪問 その2

今回はDV-7HDを導入されたこの地にお住まいのユーザーさんに案内していただき数多くの撮影スポットを巡ることができましたのでセミナーとは別に紹介しておきましょう。

旭川空港近く、気持ちの良い直線の道をまっすぐ行ったところ、

R00346455

観光化されていないのが「就実の丘」です。

Imgp3266

手作りの小さな花壇があるだけですが景色は絶景です。

Imgp3265

周辺の観光スポットのほとんど、空港の発着まで見えます。

Imgp3271

観光から無名に近い場所でガイドなどにも出ていないのでこのレポートをまとめるのにも苦労しました。

研究会の皆さんが到着する前に行ったの「拓真館」です。R0034644

丘の町・美瑛を全国に知らしめた風景写真家・前田真三の写真ギャラリーです。

強烈な色、コントラストの風景写真の数々は2日で撮影した動画、静止画350枚以上の撮影イメージを得ることができたことで大きな成果になったと思います。

Imgp3273_2

このあとの四季彩の丘へ行きましたが、翌日も行ったので撮影の下見をしたようなものでこのスポットでは丹念な撮影をしてしまう・・・ことになりました。

Imgp3277

ご自宅の編集室のDV-7HDです。お部屋の小窓からは絵画のような富良野の風景が見えています。

R0034650

お近くを撮影した編集が進んでいました。

2013年7月19日 (金)

各地探訪 富良野 その1

今回の北海道セミナーでは沢山の皆さんにお世話になりました。

ユーザー訪問をさせていただいた石高さんの御宅では取り立て最後の貴重なピュアホワイトのとうもろこしを食べさせていただきました。甘かった。

R0034651

お昼は名物の豚丼を

R0034654

宿舎会場を送迎して頂いたボンネットバス。

Tr0034666

なかふらの山荘で出迎えてくれたシロ?全く吠えなかった。

Tr0034678

食後びいただいたソフト

R0034655
初日、まず行った拓真館で見た富良野の写真の数々が今回撮影のイメージを決めてくれました。

R0034645
後編に続く

2013年7月18日 (木)

DV-7富良野セミナー2日目

早い方は早朝5時から撮影をされたようですが朝食をすませた後、8時になかふらの山荘を出発。

来月セミナーの作品作成用素材撮影実習として、「青い池」

Timgp3359

(Q10で撮影)

「白ひげの滝」

R0034702_2

「四季彩の丘」

Timgp3447

(Q10で撮影)

「ケンとメリーの木」(70年代のCM)など撮影しました。

Timgp3460

(Q10で撮影)

来月の札幌セミナーではこの2日で撮影した素材をDV-7G/DV-7HDで編集して持ち寄り、作品上映観賞するお約束をして2日の特別セミナーを終了しました。

2013年7月17日 (水)

DV-7富良野セミナー1日目

 DV-7研究会の例会のスペシャル版として今回は富良野でのセミナーとなりました。
3:30AM起床、4:30の始発の電車で羽田へ。R0034626

羽田は久々のバス搭乗、エアドゥの共同運航便で

R0034642

旭川空港へ8:30到着。

R0034643

富良野のDV-7HDユーザーさんにお出迎えいただきました。
Tr0034657

午前中にセミナー会場である、ふらのラテール

R0034653

到着している機材をセッティング

午後からは、参加のみなさんと合流、富良野周辺のビデオ撮影。

Timgp3333

丹精に育てられたラベンダー畑、お花畑にびっくり
Timgp3336

おなじみのファーム富田。貴重なデモ素材が撮れました。Tr0034671

DV-7セミナーではこの撮影素材を使った編集デモを行いました。

その後懇親会でも日々のビデオ編集のお話をうかがい、宿舎であるなかふらの山荘に戻り、参加のみなさんと就寝23時までビデオ編集談義となりました。AM3時から長い1日でした。

2013年7月16日 (火)

姪の演奏

学研のSX-150は姪がお気に入りのシンセですが

R0034618

本日は製品版の赤いマークⅡを出してあげたら、上手に演奏しました。

R0034617

送り火

家族、親戚で送りました。

R0034619

今日は夕方も少し涼しくなりました。

吉祥寺 アンテンドゥの新製品

アトレ吉祥寺のおなじみの出来たてパン屋さん

R0034616

トマトカレーのお焼き(右)とふわふわマンゴーブリオッシュ

前者は辛く、後者はちと甘い。でも食感はそれぞれ楽しめます。

夏の朝にはソラスープ

以前熊本へ行った時の帰りの飛行機の機内で買った家へのお土産。

R0034610

九州産の塩を使ったプレーンな野菜スープは適度な塩分補給にもなりお勧めですが、確かこのスープはソラシドエアーの特別企画商品で機内限定販売だった・・・と思う。

2013年7月15日 (月)

大戸屋 ハンバーグステーキ

メニューが新しくなったら美味しくなった。

R0034590

粗引きタイプで下はマッシュポテト、回りがお野菜たっぷりでサラダ風

やさいのソース(トマト・たまねぎ)がやや辛のスパイシーで夏向き。

ご飯はもちもちの五穀米を選ぶとよいと思います。

隣のお宅のパソコンのセットアップ

連休中にやったことの1つ。

パソコンを新調したのでテレビ電話をしたい、年賀状ソフトの引っ越しバージョンアップをしたい・・・以前から頼まれ、AMAZONほかで部材は入手してましたが。

R0034598

ただいまスカイプチェック中の図です。インターネット関連は栃木の業者さんがやったとかですが、それ以降は頼まれでドキュメントや画像もお引っ越してして2時間でした。

かじのや 北海道小粒納豆

納豆は毎朝食べるのですが、最近美味しいと思った納豆

アトレ吉祥寺のナチュラルハウスにあります。

R0034603

よく見ればは賞をとっている・・・

2013年7月14日 (日)

実験アンプで未試聴管を聴く 少しまとめ

これまで課題であったレギュレータ管をオーディオアンプの出力管として日替わりでつぎつぎ聴くことができたのも実験アンプのおかげです。まだ未試聴管は結構ありますが、ここまでをまとめておきましょう。

R0034599

これが実験アンプの本体です。

R0034600

カバーを外すと今はシングルアンプの出力段とSRPPの前段がセットされていますが、これも交換を前提にしています。出力はラックスの名シングル用トランスのSS5B2.5がセットされています。B電源は低電圧90~160Vと中電圧200~280Vの切り替え可変が可能、さらにスライダックがありますのでもっと自由に可変できます。

パラメータとして出力トランスのインピーダンス、第2グリッドの接続による動作選択、スクリーングリッド電圧、バイアス抵抗変更でき、プレート電圧、バイアス電流が常時、読み取れます。

そして、各種真空管を挿すためのアダプター、こちらが昨日の6C33用。こんな簡単なものでも特殊大型の真空管が動作できるのは以上のような構造、パラメーター設定が可能だからです。

R0034592
以下は各種変換ソケットです。これで各種の球が挿せます。全部で40種以上あると思います。

まず6L6タイプのGTソケットへの変換です。

ST管、マグノーバル、コンパクトロン、MT7,9ピン、ヨーロッパ管からの変換です。

R0034594

GT管どおしの変換ソケット群です。

R0034596_2

こちらは6BQ5タイプへの変換ソケットです。GT管→9ピン変換をしてから使いますが、ユニバーサルタイプがあるので現状必要なのはリムロック管用くらいです。

R0034597

こちらが、A電源用のレギュレータ。6V2.8A、12V5A、24VDCとトランスレス100Vが差し替えで、B電源とは独立した設定ができます。
R0034593_3あとは、各真空管の定格や動作例を調べて設定音出し試聴、調整して行きます。

R0034601

各種変換ソケットはエレキットのアンプ改造で使用したものですので

詳細を以下リンクでごゆっくりご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html

代表的な所有真空管は以下のリンクからご覧になれます。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page058.html

現在、1管/1日のペースでだいたい試聴していますが

もし、この真空管1台1台にアンプを作り上げていったとしたら・・・

資金・時間は自分の人生ではとても足りない・・・実験アンプでは

さらに細かな動作×音質の検証も簡単にできる・・・そんな体験と蓄積を日々させてくれます。

残り管を試聴して行きましょう。

マンゴーサイダー

川井さんおすすめということで探してましたが、

R0034565

JR吉祥寺の総武線各駅停車のホームに自動販売機がありました。

予想外のクリアーな色で、甘味炭酸のバランスも満足でした!

東急吉祥寺 點心飯店 冷やし中華

季節がやってきました。ホタテやカニを入ってちょっと高級R0034585

麺は細麺。たれは2種から選択

R0034586
定番の五目炒飯、焼き豚とエビ、ベビーホタテがアクセントR0034584_2

特別注文のあんかけ付きカニ玉は+100円。味はお好みで作ってくれます。

2013年7月13日 (土)

墓参り

3連休初日、父の墓へ家族で行ってきました。

R0034580

大変、暑い日でした。

R0034582

今、東京では墓所不足が言われていますが、自宅から2キロほどのところ、高齢の母でも墓参できるところにお墓があることを幸いに思います。

実験アンプで未試聴管を聴く 6C33B-C

ロシアで航空用に開発されたと言われるまさに最大級のレギュレータ管。あのミグ戦闘機に乗っていたとも。もう20年くらい前、秋葉でソケット付きで特価で販売したものを購入したものですがこうして鳴らせる日が来るとは。

R0034575

ヒーターは6.3Vですと6.6Aになります。これでは実験アンプで使用しているレギュレータの範囲を越えてしまいます。1本で2つのヒーターがあってこれを直列にして12.6Vで3.3Aとなり、これで使用しています。

R0034579


Vb=175V、RK=330Ω、Ib=100mA、RL=1.25KΩで試聴。

みかけは厳ついので、変わった音がしそうですが案外がまっとうな音がします。

R0034578

低音は6336Aよりはひきしまっていますが、ダイナミックな音がします。中音は透き通った音ではないけれど、ピアノ音は熱ぽく響きます。スネア、シンバルの音は生めいていてライブ感たっぷり楽しめます。

R0034577

実験アンプのベースが空いていたのも、こうした超大型管を実装するためであって、かまぼこ板ベースは増設交換に便利という訳です。

2013年7月12日 (金)

実験アンプで未試聴管を聴く 6336A(セトロン)

製品OTLアンプ用の真空管としても著名ですが、もともと最大級クラスとも言われる双3極レギュレーター管で、ヒータは6.3V5Aもあります。
R0034570

Eb=210V Rk=560Ω RL=1.25KΩ Ib=85mA、片ユニットで聴いてみました。連日使っている変換ソケットがそのまま使えます。

R0034564

小型スピーカーJBLの4312Mがこんなに雄大に鳴るのか、これがシングルアンプかと思うくらいダイナミックな音がします。
低音から高音までバランスがよく、低域には芯があってはずみもあり、高域、特にシンバルはスリリングで金属味があふれてます。
中音には奥行きも有り、なかなかご機嫌な音がしました。双3極管なのでシングルなら1本でステレオで、アンプを作るとちょっと様にならないかなと思います。
しかし、高価な球なので、1本でプッシュプル、2本でステレオというのが一般的かもしれません。
シングルでも良い結果が得られたのは出力トランスの優秀性もあると思います。
改良前の6336のヒーター電流は4.85Aです。ヒートアップ用のアダプターはこの真空管のために定数変更、容量アップを必要としましたが外部レギュレータで動作可能でした。
一連の未試聴管が聴けて行くと感慨があります。未試聴管の中からこうして良いものを見つけると実験アンプを作って良かったと思います。

2013年7月11日 (木)

DV-7東京セミナー

猛暑の中、連日になりますが秋葉原での開催です。

こちらは製品のセミナー、簡単な編集を交えて、今回は効果の詳細を解説しました。R0034566


次回は効果の続きになります。

実験でアンプで未試聴管を聴く 6080(GE)

レギュレータ管としては基本的なものです。GT管なのでスタイルもすらっとしており、ベースも金属で大型、外観としてはKT-88に対する6550的魅力(こちらは3極管)という方もいると思います。6080は双3極管です。
実際にオーディオではOTLアンプの出力で使われた雑誌記事などが記憶に鮮明です。

R0034540

5998A、6AS7Gなどで使ってきたソケットアダプターがここでも使用できます。

Eb=195V Rk=900Ω RL=2.5KΩ Ib=65mAで聴いてみました。1ユニット使用です。R0034536

外観からはしゃれっ気なく無骨な印象がありますがレギュレータの中では音バランスは良い方で豊かな低音域と繊細雄な高音、マイルドな中音が楽しめます。
ピアノの音の表現では3極管らしい部分が出ており、シンバルやスネアなども程よい金属感もあって
OTLでなく出力トランス付きのアンプで十分楽しめると思いました。R0034537

6AS7Gで始まる何種かのレギュレータ管のオーディオアンプ活用は過去より知られているところです。3極管アンプの良さはここでも生きていますが、十分なヒーター電源が必要なことや、やや低めの電圧で電流をとるところなどはなじみのオーディオ出力管とは少し違うところ。また管の構造から電極間の空きまが狭く、配置や管内の異物でのトラブル、また発振など話も聴きます。また管のばらつきも大きいなどとも言われます。幸い自分の入手した球や用例ではこのようなことはありませんでした。

2013年7月10日 (水)

DV-7研究会東京地区例会開催

DV-7の御愛用者が集まり、秋葉原で第1回の例会が開催されました。

R0034545

ビデオサロンなどでもおなじみの近藤洋史先生が飛び入りでミニセミナーがありました。

R0034548

毎月、活用研究などが行われます。

実験アンプで未試聴管を聴く 6AS7G(ノーブランド)

もう1組在庫がありました。ブランド名がなく真新しい無名白箱に入っていたので、中国管かもしれません。
そして、ゲッターがトップになくWE421のように下側にあって、上から真空管内部がしっかり見えます。

R0034538

右がNEC製

R0034539
左がNEC製 右ではゲッターは管すそにある。

R0034532

Eb=195V Rk=900Ω RL=2.5KΩ Ib=65mA
同じ管種なので音の概要は似てはいますが
音バランスは低音域によることもなく、反面雄大な低音感はありませんが、逆にバランスが良いシンバル音は細めで、少しざらつきが有り、響きはないのですが金属感よく出ています。スネアドラムのアタック感はあり、ピアノのソロも甘くねっとり鳴いてなかなか良い音がします。

R0034530

NEC管との外観比較はゲッターだけでなく、管のシルエットも違い、NEC管の方が肩が高い感じで(ウルトラマンに出てくる怪獣ジェミニのよう)
こちらの方がトップがクリアということ有り全体にナイーブな感じします。専用のアンプを作って、レギュレーター管と言わなければ
十分2A3などの3極管アンプの仲間に入れて貰えるかもしれません。

2013年7月 9日 (火)

実験アンプで未試聴管を聴く 6AS7G(NEC)

レギュレーター管を引き続き聴いて行きます。
純粋は3極管で有り、かつインピーダンスが低いということは
オーディオアンプの出力管として音質的にも低音が出やすいという点で有望で有り、
かつ入手が比較的しやすく安価となると大変魅力的です。

R0034527

一方でヒーター電源1本あたり2.5A前後と大変馬鹿食いで、キットのアンプ改造はもちろん、自作アンプでも
苦労するところです。今回はそのあたりも考慮し、専用レギュレーターを使い1本あたり最大5Aまで対応するようにしています。

6AS7G
レギュレータ管としては基本的なものです。G管なのでスタイルも魅力的という方もいると思います。
Eb=200V Rk=900Ω RL=2.5KΩ Ib=65mAR0034524
音バランスは低音域によりますが、雄大な低音感が楽しめます。
シンバル音は細めで、少しざらつきが有りますが、リズム帯のアタック感が十分にあるのでライブ感ある音がします。

プレミアムロースかつサンド

名古屋セミナーも終了。東京へ移動

R0034520

名古屋駅、新幹線ホームで購入、充実したロースかつで、千切りキャベツも入っております。

名古屋DV-7セミナー

7月の定例セミナーは名古屋栄のダイテックサカエで開催されました。
今回も製品操作の習得・活用をしたい皆様にお集まりいただきました。R0034516

DV-7をお持ちお使いの方で結成されたDV-7研究会の活動の一環として
製品で作った作品上映も行いました。

R0034517


2013年7月 8日 (月)

実験アンプで未試聴管を聴く 5998A

電圧レギュレーター管5998はオーディオ用としての活用も有名な真空管です。

貴重で高価な3極オーディオ出力管の代用として使われた経歴が有る訳です。

R0034513

差し替え変換アダプターは以前製作したものを使用

R0034507

とりあえず低めの電圧、電流も無理のないところで
Eb=200V、Rk=560Ω、RL=2.5KΩ、Ib=55mAで聴いてみました。

R0034506

電圧制御管のいかつい外観、内部からは想像できない音がします。

低音は管のインピーダンスが低いこともあってゆったりした十分な音がします。

中高音も綺麗でやさしい3極管らしいものです。シンバルの響きには少しザラっぽさが残りますが基本は繊細な音です。

ライブ感のある音が楽しめます。若干のNFなどをかけてアンプを仕上げれば良いものができるのではないでしょうか。ただしレギュレータ管は扱いによって発振・暴走がありますので注意は必要と思います。前日250V前後カソード抵抗を750Ωでも試聴しましたが、音のバランスとしてはそちらの方が軽いながらも一般的な音に感じましたが、好みもあるかもしれません。

実験アンプの良さは、このように1つの球でもいくつかの条件を設定して聞けるところにもあります。自分は球本来の音を聴くことを目的にしていますのでトータルNFはかけないようにしています。したがって球種や条件の違いによる音質は顕著です。

R0034512

バイアス抵抗は6段切り替えでしたがスイッチをさらに設け、組み合わせで10段、より細かな設定ができるようになりました。5889Aの場合はアダプターに抵抗が入っておりそれがプラスされます。

R0034511
ヒーター電源入力、左右直列できる入力も設けました。

R0034510

電源はレギュレーターですが始動時はシリーズに抵抗を入れてヒートアップし、真空管のヒーターの抵抗が上がってから抵抗をショートして本来の電圧がかかるようにしています。
このようにしないと大容量管のヒーターでは保護回路が働いてしまいます。

2013年7月 7日 (日)

七夕の集まり

小中学時代の同級生で1996年からはじめて今回18回目を実施しました。最近皆さん忙しいせいか、案内のメールに返事をいただける方は半数以下です。今年の参加は10名前後と集計結果ではあったのですが、常連の方で欠席のお答えながら無理をして来ていただいたり、難しいだろうということでも来て頂いた方、飛び入りで16名になりました。本当に有り難いかぎりです。

Tanabata2013b_2

来ていただいている方にはその魅力はご存じと思います。

以前来ていて、ずっと来ていない方もひさしぶりに訪問いただければ得るものあると思う次第です。会の出発は偶然ではありましたがこの会で消息が判り、再会できた方も多いです。1年に1回は会いたい、七夕の言われにかけている部分もありますが、牽牛と織姫は恋人ではなく夫婦であった・・・忘れていたところでありました。

実験アンプで未試聴管を聴く 

早いもので今年も半分が過ぎてしまいました、本年はラックスのSQ38DSの修理改造から始まりキット改造ではなく、久々にオリジナルアンプ作るところとなりました。
考えてみますと、40年以上前、学生時代は雑誌掲載の記事をコピー製作していました。
電子工学全般を学び、トランジスタ、OPアンプ、デジタル回路など回路全般をいじるようになって自分でも解説や製作記事を書くということをしばらくしていました。メーカーでエンジニアとなってそして個人で今オリジナルの真空管アンプを作るとなるとこれまでの経験がすべて生きて新しい発想ができます。
40年以上前の事象も十分な理解ができるようになりました。昔のデバイスもいじってみると日々新しく感ずるとともに古書にある先輩たちの研究もあらためてその声が聞こえてくる感じがします。

一方で、オーディオショップに足を運んでも正直興味の湧くところもなく、沢山のアイテムがありながらも広いオーディオの中でもほんの一部を同じような視点で、オーディオ本来にあったはずのクリエイティブさでの面白みはほとん感じません。

温故知新、未試聴管を聴くということはそんなところなのか・・・と動作させ聞こえてくる音に楽しさを感ずると自分のやってきたオーディオの道のりも今一度、選択と可能性、その反省と確認をしていきたいと思います。

R0034497

ということで、双3極レギュレータ管試聴に対応した変更を致しました(5998A)

2013年7月 6日 (土)

懐かしい七夕の集まり

1996年から毎年この時期、小中学の頃の仲間と開催しています。

R0034471

本年も集まりました。

7月第一週毎年忙しいですがこの会が終わると夏が来たと思う訳です。

通産18回たなばたのお飾りを作りました。

Tavabata1

2013年7月 5日 (金)

福岡→東京

今人気の弁当のようです。高菜のたまてばこ。高菜のおにぎりは4種です。

R0034423

家へのお土産は博多名物塩豆大福です。

R0034456

R0034457_2


賞味期限は明日、足が速いです。

九州放送機器展2013

例年は展示担当であったり、イベント担当で来ていますが
本年は九州出張の最終日の見学となりました。福岡国際センター
R0034419

ローランドの業務用映像音響機器展示。

R0034418

本年はラウドネスワークショップを受けさせていただきました。
なかなか実践的で分りす易く内容のあるものでした。R0034417


2013年7月 4日 (木)

DV-7熊本勉強会

あいにくの雨模様ですが、熊本でDV-7HDを御持ちの方のところでの勉強会開催です。

R0034408

博多から新幹線さくらで35分ほどで、熊本に到着です。

R0034409

途中雨が激しいかったですが、熊本は曇りでした。R0034410_2

豊肥線に乗り換え到着です。トータル1時間ほどでした。

Ver.1.5の新機能を紹介をし

R0034411

またDV-7GをMacの互換モードでご使用の方のご質問を受け

熊本での今後の打合せなどもしました。

夕食をごいっしょし

R0034412

帰りの新幹線は博多までノンストップのみずほでした。R0034413

2013年7月 3日 (水)

各地探訪帰路 日田→博多

JR日田の駅まで送って頂き、お別れを致しました。

R0034404

雨は小雨になりましたが、駅の様子が何か変です。

近隣の線が大雨のため、各線運転見合わせで孤島状態、足止めのお客様ばかりです。

久大本線も運転見合わせ、当面復旧の見込みなし。

確か勉強会の間、落雷・雨は大変激しかったです。

R0034405

不通箇所はるものの久留米への車両を仕立て運転を再開するとの駅員の情報で待つこと約2時間。一向にその気配もなく。帰りの切符の手配もしていたので待ったのですが・・・

しかし幸い、日田は福岡へのバスの便があることが判りバスで帰ることに致しました、高速を通るバスですが、道路混雑も有り、2時間ほどのバス路でした。

あわせて4時間、福岡に着いてぐったり。たっぷり1日の旅行となりました。

日田の昼食で食べた煮魚和食セット。これで800円はお安い。R0034399_2
ぐったり疲れて、博多祇園のお食事処で食べたミックス玉子とじ定食690円R0034406_2

大分県日田でDV-7HDの勉強会へ

熱心なDV-7ユーザーの方を訪問させていただくことになりました。

博多駅を九州新幹線「つばめ」で出発

R0034382

車内は木調仕上げです。

R0034385_3

R0034386

久留米で久大本線に乗り換え。黄色いキハ125ワンマンカーでした。

R0034387

のどかな風景のあと、急にどんどん山の中に入ります。R0034393

夜明(よあけ)という駅で小倉方面と合流します。

R0034395_2

久留米から約1時間、名水や温泉でも有名な日田に到着しました。
R0034397

途中、懐かしい鉄道風景が沢山あって、帰途には撮影しょうと思ったのですが・・・

R0034400_2

こちらがご自慢の編集室。ビデオラボさんのDVDでDV-7G/DV-7HDの操作方法を習得されています。

初期設定などの確認をし

目の調子がお悪いということでしたので、DV-7HDの解像度を下げ、DV-7Gのモニターの輝度・コントラストを上げるなどの調整のあと、DV-7Gの編集・素材データの引っ越しを行いました。DV機器、アナログ機器の接続をし、素材の取り込みからディスクの作成までをご覧に入れました。
R0034403_2

編集のお話などもしたっぷり5時間。博多で開催のセミナーでの再開をお約束いたしました。もう少しお時間があればまだいろいろ実演をさせていただきたいところでしたが、落雷・豪雨でこのあたりまでです。

2013年7月 2日 (火)

各地訪問 福岡

お昼は軽く済ませましたので。

博多祇園の定宿の前にある、北京料理店で。

R0034377


焼餃子です。

R0034378

春巻き

R0034379

玉子炒飯

と定番メニュー、なかなか美味しかったです。

DV-7福岡セミナー

7月の製品セミナーを天神にあるアクロス福岡で実施しました。
今回も九州各地から製品検討、製品ご使用の方が集まりました。

R0034376

今回はディスク作成について、またビデオサロン2013年7月号に掲載の子画面について実演しました。

2013年7月 1日 (月)

実験アンプで未試聴管を聴く 6BX7GT

本日は東京の仕事終了後、福岡前泊なので
もちろんレポートは休日の貯金分になります。
R0034336

せっかく対応するピンアダプターがあるので名球の評価もある6BX7を聴くことにしました。
Eb=250V、Ib=50mA、Rk=330Ω Rp=5KΩ
2ユニットはパラ接続です。

R0034337

低域も出て、表現も有り、全体のバランス良いです。
中高音も透き通って切れも良く、若干小ぶりながらも十分楽しめます。
1ユニットになった6GA4をパラにした感じなのでしょうが
規格的には2倍の許容量はありません。

1本で左右チャンネルを賄ったり、1本でプッシュプルというのもある
双三極管ですが、パラシングルで特性や出力を狙うよりは音質を楽しみたい感じがします。

R0034335

さてここまで来ると実験アンプには電源レギュレーター系のヘビーな球が待っています。
ヒーターの点火には電源トランスではなく個別レギュレータを使い、これを差し替えるという便利さを得ていますが、
真空管のヒーターの特性としてっヒートアップ時のインピーダンス変化があることで、大型管になると対策が必要になってきます。

また、ヒーター電圧を切り替えることから、概略で良いので監視できると便利か・・・などアイデアが出てくるわけです。

東京にて

久々の東京の朝食でした。

母の作ったポテトサラダを貰って、ホットサンド。

R0034342

毎日の元気の素秘密兵器公開、納豆サラダ。大根おろし、しょうが、お茶っ葉が入った温野菜サラダ。ナットウキナーゼ、タンニン、ジアスターゼ・・・慣れるまでは口の中がつっぱるくらい、結構強力です。

R0034341

各地訪問 東京→福岡

東京の仕事終えて、空港へ。空弁がわずかに残ってました。
シューマイ弁当!ラッキーでした。

R0034344

福岡について定宿ドーミーインでは無料の夜泣きそばが待っていてくれました。

R0034374

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ