無料ブログはココログ

« 休み明け、大阪出張 | トップページ | 大阪DV-7セミナー »

2013年8月20日 (火)

実験アンプで未試聴管を聴く 6AV5(シルバニア)

夏休みの貯金分です。
全然知らない球でした。ヤフオクで知り、データを調べて入手しました。
プレート電圧が低いのでラジオ用の球なのか。
しかし電圧が低く、その分電流を取るということは
インピーダンスが低いということでもあり、
好結果は有る程度予想される部分もあります。

R0035125

Vb=200V、Ib=50mA、Rk=470Ω、Rl=5KΩ
UL接続で試聴しました。

R0035127

エレガントな音がします。
シンバルは細く、中音域はしっかりしています。
アタック感はよく出ていて、小型管ながら低音・迫力不足はかんじません。
スネアの響きは少し粗く、それがライブ感でしょうか。
良い球を見つけたと思います。
ヒーターが明るく輝きます。

« 休み明け、大阪出張 | トップページ | 大阪DV-7セミナー »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休み明け、大阪出張 | トップページ | 大阪DV-7セミナー »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ