無料ブログはココログ

« DV-7研究会東京地区サイト公開 | トップページ | 平六餅 »

2013年8月 6日 (火)

実験アンプで未試聴管を聴く 6DQ6

先週中古の球をネットで安く買いました。
変換ソケットは6BQ6用ですが、このソケットで聴けるトッププレートの球の多いこと。

R0035033

この球もテレビの水平出力管です。

外見は太めでむっちりしてます。
試聴はいろいろやりましたが、結果3結が良かったと思います。
Vb=200V Rk=470Ω RL=2.5KΩ Ib=60mA
ペア管ではなかったので左右で流れる電流にばらつきありました。

中古2本なので仕方ないと思います。しかし、音は思った以上・・・

ピアノ音は上品でエレガント。シンバルも繊細で気持ち良く
全体の分解能も良好、低域もふっくらです。

中古のテレビの水平出力管ですが音では拾いものでした。
アンプを作ろうとするとこの手の球は比較的電源電圧が低く、
電流もとる、SG電圧で制限がある、トッププレート、
ヒーター電力が高いなどで嫌われますが。

« DV-7研究会東京地区サイト公開 | トップページ | 平六餅 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DV-7研究会東京地区サイト公開 | トップページ | 平六餅 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ