無料ブログはココログ

« DV-7東京セミナー | トップページ | エレキット 真空管アンプ新製品 TU-8200 発表? »

2013年10月 5日 (土)

マルツパーツ ヘッドホンアンプMHPA-FET改造

先日記載したとおりマルツパーツのヘッドホンアンプMHPA4881と差し替え可能としましたが、今回は電源をメーター回路と供用したので、片電源であるMHPA4881は問題ありません。

R0035622

MHPA-FETは内部を正負電源相当としているため、オーディオのグランドが1/2供給電圧のところにあります。しかし、入出力はACカップリングしているので、入出力グランド接続を直すことで片電源になります。

R0035623

« DV-7東京セミナー | トップページ | エレキット 真空管アンプ新製品 TU-8200 発表? »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DV-7東京セミナー | トップページ | エレキット 真空管アンプ新製品 TU-8200 発表? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ