無料ブログはココログ

« 各地訪問 奈良 | トップページ | 炭火造り国産納豆 »

2013年10月18日 (金)

みんなのうた音源研究1

1961年4月に「おおまきばみどり」で放送ははじまった。長野県松本市の小学校1年でそれを体験、新鮮だった。それから2011年には50年を迎え、NHKでは音源探しを公募。当時テレビの放送を録音していた愛好家がいたのだ。こんなことになったのは音源が多く残されていなかったのだ。当時、放送ビデオテープが高価で使いまわした・・・というがそれは本当の理由ではない。放送メディアとしてのテープが使いまわされるのデジカメのSDカードを使いまわすのと似ているが、しかし僕らは静止画を失わない。バックアップをとらなかった・・・そうではない。当時は音はオープンテープで映像がフィルムで撮影され、それが放送用にビデオテープにコピーされて音と映像がいっしょになって再生・放送されていたから音・映像それぞれのマスターがあった。それは使い回すものではなく、単純に失われていたのである。60年代前半は特別番組で放送したものと当時のディレクターさんがコピーした1年半分くらいしか残っていない。

« 各地訪問 奈良 | トップページ | 炭火造り国産納豆 »

60年代研究」カテゴリの記事

コメント

オリジナル音源がないというのは、とても残念です。
後藤田さんが何か情報を持っておられたのではないでしょうか?
亡くなられた今となっては訊くこともできません。
僕は映像重視ではないので、曲さえ聴けたらそれでよいと思っています。
全国の隠れた音源の発掘は急務ですね。

オリジナル音源はもちろんですが、他でも演奏の残されていないもの、曲さえ忘れられているものがあることを考えると、積極的な発掘をは必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 各地訪問 奈良 | トップページ | 炭火造り国産納豆 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ