無料ブログはココログ

« エターナル・ハウス製品の発送 | トップページ | プリアンプTU-871、12AX7差し替え検討 »

2013年12月 8日 (日)

JBLウーハー到着、低音実験

 工房整備が決まってからヤフーオークションでJBLのウーハーを狙っていました。メインシステムはアルティックの416-8Bを使って申し分ないのですが、

R0036340
工房にはこんなに大きなスピーカー(400リットル)は入らないのでJBL4312Mで我慢してます。さすがに小さい、超低音アド用に3D(今で言う2.1)システム用のウーハーです。結局1本で良いの38cmにチャレンジしてましたが落としきれず30cmになりました。

R0036333





R0036334

JBLの2022H、ボックスを作り、低音用のフィルターネットワーク、専用アンプを用意するのは先になりますが、到着ウーハーのチェックとカットオフや能率チェックをしたい、工房は整備ながら、実験ができました。

R0036335

SQ-38DSのトーンコントロールとSEA-100(グライコの先祖)を使って低音ブースト、ハイカット。ボックスは段ボールで40リットル、上向きフロントに天板でアコースティックのフィルター件、フロントのスリット調整でロードをかける感じ。そんな感じでとりあえず音出し。チャンネルフィルターのカットオフなど本格設計はここからスタートしましょう。超低音用アンプはDCアンプを整備して当てることにし・・・など

構想は進みます。やはり工房が出来て来るとこんな実験も30分足らずでできるのはやはり素晴らしいことと思います。

« エターナル・ハウス製品の発送 | トップページ | プリアンプTU-871、12AX7差し替え検討 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エターナル・ハウス製品の発送 | トップページ | プリアンプTU-871、12AX7差し替え検討 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ