無料ブログはココログ

« 月刊「鉄道模型趣味2月号」に作品掲載 | トップページ | 工房、真空管アンプ整備 »

2014年1月19日 (日)

アナログ対決をしながら工作

 工作をしながら整備をする・・ということにして、工房で作りものをしながら試聴です。

ソースはアナログディスクです。日米対決、シュアーのV-15VSテクニクスの205CⅡ。

R0036798

 ステレオラボラトリーシリーズはカーペンターズ。オリジナルのアルバムより明らかにカッティングレベルが大きい。ご機嫌の音がします。

R0036799

そしてダイレクトカテッィングディスク、fレンジが広い。

 CDにさえない、抜けるような爽快なサウンド

R0036800

 テクニクスは良くできた音づくりでポップスなど腰もあって好感が持てますが、シュアーは透明感もあって分解能が高い感じ。ということで対戦相手にエンパイア。線の太さが違います。エンパイアの方が細い感じ。ここでアンプも変えてみて、ラックスSQ38DS、エレキットTU-883(KT-88)、TU-880(EL84)。どれが良いかではなく、カートリッジとの組み合わせがあるみたいですね。グレースF-8Lも参加しましたが、シュアーのV15のⅡとⅢ対決に。

R0036803

Ⅱのほうが太目ですきですね。Ⅲはアンプで言えばNFが増えた感じで周波数レンジは広いけれど力強さが足りない ・・・もう少しアンプを整備して・・・と考えているうちに工作ができました。

R0036807

 

« 月刊「鉄道模型趣味2月号」に作品掲載 | トップページ | 工房、真空管アンプ整備 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊「鉄道模型趣味2月号」に作品掲載 | トップページ | 工房、真空管アンプ整備 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ