無料ブログはココログ

« TU-8200出力管差替え研究 | トップページ | TU-8200改造 動作切り替え »

2014年2月21日 (金)

インピーダンス測定ユニットの製作

スピーカーユニットの選定やスピーカーボックスのダクトチューニング、アンプとの相性などを検討するためです。TU-8200の出力管差し替えをこれからおこなって行きますが出力管が変われば出力インピーダンスが変わりスピーカーとの相性が出てきます。当初既製スピーカーJBL4312Mを標準していたのも素性が解っているものが尺度となるからと考えたからですがアンプに対してチューニング・選択ができるのが自作スピーカーでもあります。

R0037090

購入はケース、コネクター、抵抗で後は手持ちを使い材料費は2500円ほど。

こちらが設計資料。

R0037093

測定操作手順=取り説も書いてあります。

R0037091

1時間の工作でできた姿はこんなもの。さっそく昨晩作った冶具アンプを接続します。

R0037094

2メーター方式で設定・測定するので早いです。定数を選んでありますのでほぼインピーダンスが直読できます。

R0037095

測定結果です。

R0037092

2wayで先日作ったスピーカーシステムで吸音材がわりに使った素材が良かったのでそれを使いチューニングし直してみました。(画像左)

R0037096

ダクトの共振周波数を調整してちょうどよいところに来たようです。

R0037097

測定がすべてではありませんが、明らかにたくさんの可能性から試行錯誤を短時間に結論に導いてくれます。

« TU-8200出力管差替え研究 | トップページ | TU-8200改造 動作切り替え »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TU-8200出力管差替え研究 | トップページ | TU-8200改造 動作切り替え »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ