無料ブログはココログ

« TU-8200 出力管挿し換え | トップページ | 小型スピーカーをTU-8200で試聴してみる »

2014年3月30日 (日)

小型スピーカーと真空管アンプ

昨日紹介したバックロードホーンは吉本キャビネットという会社のキットで8cmユニット用のBW-800です。10cmタイプがBW-1000ですので、これも組み立てみました。

R0037460

構造、内容は同じでそのまま大きくした感じです。

R0037466

別に用意した吸音材を入れ、これも別に用意した端子を付けます。

さて比較ということで・・・話はかわって

8cm、10cmユニット用のバスレフ箱はメーカー製が安価です。P800-E、P1000-Eですが、スピーカー取りつけ用ねじ穴開けは必要です

R0037463

あとはユニットを取りつけるだけ

R0037462

吸音材は取りつけ済みですが片面にしか張っていません。

ここでスピーカー数が増えましたので、試聴用にセレクターを製作・・・2時間で完成したのがこれです。

R0037478

« TU-8200 出力管挿し換え | トップページ | 小型スピーカーをTU-8200で試聴してみる »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TU-8200 出力管挿し換え | トップページ | 小型スピーカーをTU-8200で試聴してみる »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ