無料ブログはココログ

« TU-8200 超KT-88族を差し替える | トップページ | DV-7名古屋セミナー »

2014年3月 6日 (木)

TU-8200用3wayスピーカーシステムの調整

先日、設計、自作したシステムも出力管の差し替え試聴で使うのでチューンアップすることにしました。

R0028369

低域は先日のインピーダンス特性チェックと調整で下限が伸び、歯切れも良くなりました。やはりネットワークと思いましたのでLCネットワークの周波数特性を調べてみました。

R0028385

負荷が変化するLCネットワークは過去よりクロス周波数、クロスのレベルはカット&トライだとも言われています。

R0028386

計算した予定どおりの特性が得られているようですが若干の定数変更をしてスコーカーの担当帯域を少し広げました。

« TU-8200 超KT-88族を差し替える | トップページ | DV-7名古屋セミナー »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TU-8200 超KT-88族を差し替える | トップページ | DV-7名古屋セミナー »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ