無料ブログはココログ

« 工房で試聴 | トップページ | 各地訪問 東小金井  »

2014年5月22日 (木)

TU-8200 前段カソードパスコンの交換

昨日、製品のコンデンサからニチコンの音響コンデンサへの交換を報告しましたが画像の掲載を忘れました。

R0038079

コンデンサー径が大きくなっているぎちぎちであることが解ります。

説明書で話は出ているのですが、カップリングコンデンサのようなスペースの配慮はされていないようです。これは秋葉でみかけるMUSEのFG、ファインゴールドです。この上のクラスのKZとなるとさらに大型になります。

どうせ大型になるなら、以前良かったシルミックにと交換してみました。

R0038080

実は高さ方向がきびしく基板を取り付けるとぎりぎりです。部品の浮きには注意、リード径も太いようです。これより大型のコンデンサは取りつきません。

音質は大変クリアーでしっとりした感じがします。

R0038071

アナログソースも聴いてみましたが、迫力があります。

R0038072

スピーカーもいろいろ試しましたが、既製品、自作でも十分な音が聞けました。

« 工房で試聴 | トップページ | 各地訪問 東小金井  »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工房で試聴 | トップページ | 各地訪問 東小金井  »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ