無料ブログはココログ

« TU-8200でフルレンジを楽しむ | トップページ | 久々に真空管入手 »

2014年5月31日 (土)

TU-8200+P-1000E+FF105WK

小型のスピーカーながら相性は良いようで、そこそこの低音とナチュラルな中音、高域独特の癖が若干ありますが、全体はバランスしています。肩の張らないシステムを安価に組むことができると思います。

R0038135

ワーブルトーンで音圧レベル測定しましたが、だいたい聴感とあっています。

R0038132

この箱に取り付けられる他のユニットも気になるところです。

R0038134

スピーカーボックスにはユニット取りつけの下穴がありませんので、現物合わせでマーキングした上で下穴をドリルしてその上でスピーカーの付属ねじでとめました。

« TU-8200でフルレンジを楽しむ | トップページ | 久々に真空管入手 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TU-8200でフルレンジを楽しむ | トップページ | 久々に真空管入手 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ