無料ブログはココログ

« 昔のオーディオと最新オーディオ | トップページ | 吉祥寺ビデオ研究会 »

2014年6月27日 (金)

フルレンジ口径10cmサイズを聞く FE-103En

フォステクスの安価スピーカーボックスP1000-Eとユニットは何を組み合わせると良いかシリーズ第3段。
アンプはTU-8200で小型システムで楽しむシリーズ。

R0038364

今はバックロードホーン用のユニットという扱いのEnシリーズにも10cmがあります。

特性から行くとこんな感じで

Fe103en

低域も思ったよりは出てそうですが中高域が勝ってますので
バランス的には低音が出ない感はありますが、
FEシリーズ伝来の質の良い中音はあります。

シャラシャラ系の音は出やすいので
ドラムのスネアとか気持ちよくなるのですが
好みでしょうか。

僕らにはフォスターらしい音、10cm径の音作りはうまいんだろうな思う次第。
でもここでFFシリーズを聞くとあらためて低音がベース・・・と浮気心が出ることは疑いもなく。

さて伝統のFEシリーズの音はどうなのか・・・ということになると思います。

« 昔のオーディオと最新オーディオ | トップページ | 吉祥寺ビデオ研究会 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔のオーディオと最新オーディオ | トップページ | 吉祥寺ビデオ研究会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ