無料ブログはココログ

« 60年代のオーディオ | トップページ | 国際ラジオ閉店 »

2014年6月13日 (金)

60年代のオーディオ

当時の雑誌を見ると連載した著名人のオーディオ装置選びの記事総括が出ていました。

R0038206
それぞれの好みで選ばれたコンポーネンツですが
トータルとしてどんな音が出たのでしょうか

当時の人気機種もあるのですが
これは?というのもあるのが、選定がオーディオマニアの方々ではないためかもしれません。
全体としてはバラけているのは少し安心する部分ですが
当時、読者は購入計画の方に参考にされたのかどうか。

細かくみると

カートリッジはシュアー、ADC、オルトフォンと海外製が多く
トーンアーム、モーターは各様です。

アンプはトリオ、サンスイで
スピーカーは日立が目立つところ
それよりも装置のトータルが20~25万円というところは参考になるところでしょうか。

当時の金額ですので今とは大きく違います。

とうじ郵便はがきは5~7円、ラーメンが1杯50~100円くらいだったでしょうか。

« 60年代のオーディオ | トップページ | 国際ラジオ閉店 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 60年代のオーディオ | トップページ | 国際ラジオ閉店 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ