無料ブログはココログ

« 和幸のひれカツ丼 | トップページ | 60年代のオーディオ »

2014年6月10日 (火)

60年代のオーディオ

あの頃のオーディオ、温故知新という話。

R0038199

表紙は定番、無敵のカラヤン

技術の継承発展、このころからヘッドホンをイヤースピーカーと名付け中心に置いていたメーカー「スタックス」。SR-3から出ていた音も半端ではなかった。コンデンサー型を今で出して、人気なのはすごいけれど、軽い平面振動板から出てくる音は当時から別格だった。

R0038200

16cmのユニットに良いものが多かったこの時期、10cmにヒット作を作ったフォスター(フォステクス)、50年たって本年記念モデルが発売されている。

R0038201

フルレンジながら、中音用のスコーカーとして使われるが、気になるのが13cm。

これは今は見かけない。

R0038207

テクニクスは自社で真空管などデバイスを作っていたので、真空管アンプを作った意外な面もあったが、一気に最新のトランジスタアンプも出した。9万5千円は当時の売れ線の倍の値段ながら全段直結OCLは国産では先進であった。この後オンキョーなども同じ路線で人気を博したが、準コンプリから純コンプリになり、直結はいよいよDCアンプとなって改良発展するまさに進化の時代であったと思う。

« 和幸のひれカツ丼 | トップページ | 60年代のオーディオ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 和幸のひれカツ丼 | トップページ | 60年代のオーディオ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ