無料ブログはココログ

« 月刊「鉄道模型趣味」2014年7月号に掲載されました | トップページ | ヘッドホン試作 »

2014年6月20日 (金)

60年代のオーディオ 御三家のメーカー

このころはトリオ(現ケンウッド)、サンスイ、パイオニアがそれだったと思います。

トリオは無線や測定機をやっていた会社でキットなども出していましたが、人気はチューナーだったでしょうか。
まだFM東海が実験放送をしているころでもレコードが高価だった時代、FMは貴重な音楽ソースでした。

R0038230

パイオニアはスピーカーで起業した会社でしたが、プレーヤーにヒットを出し、アンプもそこそこ人気もあったと思います。
テープデッキで人気なるのは後年のカセットですが、オープンのこの黒いTシリーズは広告でよく見ました。

R0038232

山水はトランスが有名で、管球アンプではAU-111そのブラックパネルから流れるラインナップは象徴的なものがありました。
このころ格子デザインのSPシリーズは有名人気でした。

R0038228

コンポーネントステレオの面白さは各社の組み合わせ自在のところでしたが、デザイン的にアンプとチューナーを同じメーカーにしてそろえることもあったと思います。

各人気ブランドは、やはり独自のデザイン、特徴に裏付けされていたと思いますが、もちろんイメージもあったと思います。

« 月刊「鉄道模型趣味」2014年7月号に掲載されました | トップページ | ヘッドホン試作 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊「鉄道模型趣味」2014年7月号に掲載されました | トップページ | ヘッドホン試作 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ