無料ブログはココログ

« 60年代のオーディオ | トップページ | 佐藤錦 貰いました »

2014年6月24日 (火)

TU-8200に合うスピーカーを選ぶ

安く入手できるメーカー製ボックスP1000-Eにユニットをれる・・・別売なので何が良いか?

R0038340

このFF-105WKはバランスも良く、オールラウンドで楽しめます。
高域は少しくせがありますが、低域にも量感があって値段(約4500円)の割にはお得、小型ボックスで楽しめます。このボックスは約2000円と大変安い。

Ff105wk

メーカー推奨はP1000Kと、

両ユニットの外観を比べてみると

R0038341

マグネットの大きさもかなり違います。

R0038342

P1000K(左)は推奨スピーカーですが、とにかく安い(2000円以下)。

R0038343

音質は価格が安いので仕方ないかもしれません。高域は紙くさく、乾いています。
音にはツヤがない。

特性も測ってみました。

Pe1000

高域はなだらかに下がってます。FF105WKはセンタードームが利いているのでしょう。

低域特性はP-1000Kも頑張ってますが音質的にはFF105WKの方が腰があってTU-8200向きだと思います。

フォステクスにはまだ10cm径のスピーカーが有り、P1000-Eに取りつくはずです。

« 60年代のオーディオ | トップページ | 佐藤錦 貰いました »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 60年代のオーディオ | トップページ | 佐藤錦 貰いました »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ