無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

60年代からのオーディオ

 「ステレオ芸術」という雑誌はけっして技術系方向でなかったけれど、安価なスピーカーユニットを複数使うなんてのが多かった。
製作記事が出る雑誌ではなかったけれど、山崎ドクターのやっていたクリニックには必ず洋ものユニットに5HH17がくわったり、コンクリートボードやプレーヤーに鉛板、そしてスコーカーにFE103というのは定番の処方でした

R0038629

フォスターのFE-103を4本。松下の5HH17を4本。おそらく直並列でインピーダンスを8Ωに合わせるという意図もあったのかもしれない。

R0038630

さて、どんな音がしたのか。(お金のない高校生にユニットを複数使うなんてのは無理。左右1対がやっと)
後に同型複数ユニットの干渉による功罪・・・は大学で音響工学を習ってから知るところです。
干渉はもちろん直列にすれば特性のクセも大きくなるわけで。登場したユニットの素性が良かったからこそ、ということだったのかもしれません。

 JBLやアルティックは高嶺の花だった・・・でも大学時代先輩たちはユニットを購入して自作箱という方も多くて、感化されバイトをして苦労して買ったユニットたち。今でも鳴ってます。
アルティック416-8B、JBL LE-85+HL91。

R0038746

70年代に入いると国産に酷似した製品が少し安価に出てくる・・・パロディーみたい。
やはり本物でということで、手を出しませんでしたがそうしたらどんな後があったのか
アイデアは貰って少し小さいサイズのA-7を自分作ったこともありました。ミニテックと言ってましたが、
もちろん音は別もの、かっこだけです。

2014年7月30日 (水)

60年代からのオーディオ まだまだ旧ラジ館

旧ラジ館にはこんな店が入っていた・・・

R0038726
今となっては貴重な資料です。72年5月現在でしょうか。記憶なんてずうい~ぶん曖昧です。
こう見るとやはり70年代になるとオーディオショップが多いと言うことになります。

旧ラジ館の外観も結構雑誌に残っていました。

R0038728

この見上げた感じ、つい最近までと思う方もいるでしょう。

R0038730
アキバのにぎわいのわかる画像。垂れ幕という手法が当時を感じさせる・・・

ということを自称街並研究家として考察します。当時やはり駅前の大きなビルであったということです。

R0038725
東京周辺にいてもステレオ装置を買うならコンポ。

それなら秋葉原という時代。それを感じさせます。
自分も友人、親戚を何組も紹介しました。

購入した装置はどんな道をたどったのでしょうか

R0038727

入口のエレベータ、ここからいろいろな夢が広がった。皆さんはまず何階に向かったのでしょうか。開店当初はこんなに整然としていたんですね。

R0038729

お世話になった第一家電のオーディオ売り場。テレビでは運命が鳴り、第5じゃない、第一、第一・・というCMをやっていたころでしょうか。

DACを思い出す方(第一家電オーディオセンター)はこちらもどうぞDAM特集です。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page094.html

2014年7月29日 (火)

忙しい半日

午後半休で2つ医者に行き、その他手続きもあって夜になっておりました。

Imgp3434

2つめの病院はいくつもの検査がありましたが、以前指摘のあった部分は何の問題もなく、他の部分も95%はOKでしょうということで半年の経過観察で、精密検査の予約をしました。

帰って、工房の片づけと思い、始めましたが睡魔に襲われ・・・起きてお問い合わせ対応3件と忙しいながら充実した半日でした。

工房の整理

スピーカーの結線がえや、部品箱の整理など、これからの工作に向けて準備、整備中であります。・・三脚が倒れてきて頭を打撃・・・なんて事故もありましたが。どうにか無事でした。

R0038737

結線しなおし中の画像です。

或る列車の復活

九州で、はるか昔の豪華列車が復活するとのこと。

このある列車、新聞記事では有名な原氏の模型から話をふりだしていますが、自分には鉄道模型をはじめた50年前、鉄道模型誌に掲載された別の方の作った模型が思い出されます。

R0038739

当時小学校6年だった自分もこんな列車があったのかと興味をもち

R0038740

図面をもとに短く変形し、1両だけでしたが16番(いわゆるHO)で製作したのは中学1年の時のことでした。おそらく車両自作のはじめてだったと思います。それまでキット製作はありましたが、もちろんペーパー製ではあるのですが。(画像は鉄道模型趣味1966年11月号)

R0038738

そんな自分にも思い出多い車両が再現されるという、朝の新聞に目がとまりました。

 当時の模型誌では明治41年、当時の九州鉄道がアメリカから輸入した「ある列車」とあります。

 ということで、そろそろ模型もがんばって行かないと・・・
 

2014年7月28日 (月)

ホームページ更新

懐かしい60年代の夏休みの話題で更新しました。

超常現象を信じますか?体験したことがありますか?

60年代雑誌から・・・

http://mtomisan.my.coocan.jp/page089.html

60年代 懐かしの宝箱

http://mtomisan.my.coocan.jp/

千年葡萄屋 新メニュー

毎週家族で行くのですが、メインメニューが少し変わりました。

チキンのパイ包み焼き

R0038706

チキンのうまみエキスがパイに回ってこくがります。

サーモンのコロッケ

R0038708

マッシュルームのホワイトソース。外がカリカリで中はサーモンのムース

塩ゆで豚のパン粉やき

R0038707

ソースはスパイシーなトマト味

続きを読む "千年葡萄屋 新メニュー" »

2014年7月27日 (日)

60年代からのオーディオ

新装となったラジオ会館で、旧ラジオ会館について思い起こしています。

旧ラジオ会館が8F建ての新ビルでオープンしたのは1972年5月ですが、丁度オーディオ誌の1972年6月号にはその状況が残っています。

R0038703

テレビ音響はテレオンとしてオープン。もともとラジオ会館創設からの入っていたと思います。

R0038701

こちらは東海オーディオで「ヤング・オーディオ」が「ナウイ」訳でして。

つまり老舗オーディオ店だけでなく、オーディオ層広がりでたくさんのオーディオ店がこの時開店していたことになります。

R0038702

オーディオも「ステレオ」「ステレオサウンド」のような本格誌、「無線と実験」「ラジオ技術」「電波技術」と言った製作系誌、「週刊FM」のようなFM誌のオーディオ記事・製作記事など様々な雑誌に情報が掲載され、いわゆるオーディオブームとなります。個人的には製品は1,2,3階にあった第一家電にもお世話になっています。
 70年代半ばからはNECのTK-80のようなマイコンブームから始まるパソコンブームもラジオ会館は秋葉原の中でもその中心地にありました。

 後年、オーディオでは中古オーディオ店や若松などのパーツショップ、三栄無線のようなキットショップなど充実していました。上記広告にある丸善もジャンク品などを扱って人気だったように思います。

 オーディオからPCまでと広くなると、テープやFDDなどメディアの安売り店などマニアックでありながらも庶民的な店の集合体といイメージが強く残っています。

2014年7月26日 (土)

60年代からのオーディオ 旧ラジ館

ラジカンですが、フェースブックにも書き込みいただいていろいろ思い出したところなど。今から言う旧ビルが出来、それまでジャンクやパーツが多かったお店も、オーディオショップが中心となったのは調べると1972年5月でした。

R0038690

光陽電気は大学の音響クラブの友人がおなじみであったので試聴室に試聴会に行った記憶が残っています。

R0038691

雑誌記事のニュースでも十数件のオーディオ店が入るとあります。80年代に入ってオーディオも落ち着くと2~4Fはオーディオの有力店が残り、パーツショップや中古やキットなど本当のマニアの広場となって行きました。

そしてさらに上の階には、PC系のショップ、ショールームがそのころはもう華やかで、時代の変化を感じさせるところでした。

吉祥寺ビデオ研究会

HDDを持ち込めば、作品編集の相談から研究まで行えるよう、環境整備を行いました。

R0038696

Hi8テープからの取り込み、AVCHD、4K撮影素材と幅広くやってみました。

R0038695

いよいよ10月からは本格稼働となります。詳細は後日報告させていただきます。

牛ステーキ定食

母が、お肉を食べたいということ入店したら、いつもと違うメニューが。

R0038692

大戸屋としては高価な税込1529円ながら、丑の日のうなぎは高値でちょっと難しい昨今ですので。

2014年7月25日 (金)

ラジオ会館オープン

あのラジカン。60年代中ごろからオーディオ、電化そして70年代中ごろからはパソコン(当初マイコン)のメッカであった・・・

ビルを立替、この7月にオープン.

R0038688

しかし入っているお店は昔とはかわり・・・

2階のトモカ電気 プロショップ、5階のオーディオ中古の清進商会、電子パーツの若松通商(ラジオ会館1号館より移転)
くらいというのもさびしいですね。

2014年7月24日 (木)

突然の豪雨、落雷

予感したので定時退社。速足に駅に向かい・・・吉祥寺の1つ前から雷鳴と豪雨が。それでも中央線は吉祥寺駅まで走って、セーフ。と思いきや、駅からアトレ吉祥寺に入ると全館停電。

R0038686

非常灯だけがともり、エスカレータもキャッシャーも止まり、お買いものもストップ、そして豪雨で外に出られない人で館内は満員。原因も不明だとか

R0038684

はたしてどのくらい停電であったのか
館内を抜けると照明が付き始めましたが外は車道が川となるような感じ。

どしゃぶりの中を走って母のマンションへどうにか到着!

AX-100 登録特典届く

先日ユーザー登録をネットからしたら、出張中に特典が届いてました。

R0038681_2
オリジナルレンズクロス

R0038683

そして撮影編集ガイドブック。

でもこれって、中を見ると先月のビデオサロンの付録に・・・

そう20ページ近く追加したもの。カメラマンが語るアドバイス、アクセサリーの活用、プレミア+プラグインでAX-100に書き戻す、開発インタビューが追加されています。

60年代からのオーディオ&電子楽器

 これはオーディオ誌にあった、アルバムの宣伝から。

R0038618

電子装置=ミュージック・シンセサイザーのことですが・・・

スイチトオンバッハ。以前も掲載しましたが、このレコードでシンセサイザーの音知りました。

R0038619

バッハの曲をシンセサイザーだけで演奏(多重録音)しています。
 1968年のこと。このピコピコ、びゅんびゅんで今へつながる道(電子楽器を自作し、メーカーに入る)が有るわけです。
聴いたのは中学生でした。

R0038620

使われたのはムーグⅢであったと思うのですが、

確かこのころは「モーグ」と書かれて記憶があります。

2014年7月23日 (水)

60年代からのオーディオ

オーディオテクニカはVMシリーズのカートリッジで名をはせましたが、このVM3ではさらに低価格という魅力も。

R0038621

今聴くと音はそれなりと思いますが、当時は人気で高校生の自分にも買えるカートリッジでした。

R0038657

今記事を発掘すると・・・

R0038660

編集部で試聴したものと、購入したもので針先が違う?

R0038659

お詫び分、ばらつきで品質管理がされてなかった?

試聴したのが試作品だった・・・という話なのでは。

各地訪問 大阪

短い昼休みで昼食をべるには、セミナー会場と同ビル地下2階のレッドリーバーで。

R0038676

やはり、チキンオムライス。

そして大阪から帰りの夕食は新大阪駅の駅弁。東海道新幹線50周年記念弁当。

R0038677

鉄道好きのお子様向きの感じのパッケージながら

R0038678

内容は、こんな感じ。新幹線カードが付いてます。

最近、肉系弁当が多いなかでは新幹線沿線のいろいろ入ったものです。

新幹線が出来て50年、自分が10歳の時のことでしたから、60歳になる訳です。

J

50thと焼印された卵焼きが美味しかった。

1泊2日で2拠点3セミナーという忙しい出張ですが、どこも好評で無事終了しました。

いよいよ次回は9月は最終回です。

DV-7研究会関西支部例会・DV-7大阪セミナー

 午前10時から、大阪駅前第2ビルのローランド・コミュニケーション・センターでの開催でした。SONYのAX-100で4K撮影した映像をDV-7HDで編集BD制作する方法を紹介。

R0038675
岡崎講師から、映像フォーマットの解説と4K撮影ではよりフォーカスなど撮影の基本が大切になることが解説されました。

午後の製品セミナーではVer.2で追加された機能を実際の編集でどう使えば良いを紹介、DV-7G/DV-7HDのタイトラー機能の使い方を解説、活用篇ではビデオサロン掲載のBGMの曲の延ばし方を実演しました。

60年代からのオーディオ

 ラックスという会社はトランスメーカー。アンプが真空管式になると用途は少なくなるけれど、自社の力を生かして製品開発していた。

R0038622

キットという企画はあたらしくはなかったけれど。
 今6万円のキットは中クラスですが、オールラックスのトランスで、今は入手難の50CA10ですから。

R0038623

こんなキット組み立てのセミナーまでやっていました。

R0038624

各地訪問 名古屋 →大阪

名古屋の昼食はいつものように研究会の方とサブウェイでお話、打ち合わせをしながら。

R0038662

タンドリーチキン、お野菜増量。

大阪へ移動して講師の岡崎さんと打ち合わせをしながら夕食。

R0038666

今回は豚特集でとん平

そして翌朝、ホテルでは、朝バイキング控えめに。

R0038671

本日もがんばりましょう。

2014年7月22日 (火)

ジオコレ完全マニュアル4

R0038637

がついたら、このシリーズ久々に出てました。

2012、2013のアイテムには知らないものが結構ある・・・
大半は入手難だろうけれど、汎用性の高いものは少ない・・・

など思いつつ、このところNゲージから少し離れていたことを反省した次第。

DV-7名古屋セミナー

もう残り回数も少なくなりました。
でも新規ご検討の方も出て大変盛況

R0038664

今話題のSONYの4Kカメラで撮ってDV-7HDで編集。
ブルーレイ制作まで、オールインワンの安心軽快編集。

工房整理

3連休は新たなプロジェクトを進めることをせず、ひたすら片づけと整備をしました。

R0038565

今後の開発や事業についての環境は効率や出来に影響してきます。

かたづけるといろいろなものが出てきて、頭の整理にもなります。

まずは電子・オーディオ関係から。

ホームページ更新

恒例の夏休みシリーズです。

懐かしい60年代の夏休みをおたのしみください。

Natuyasuime2

http://mtomisan.my.coocan.jp/page089.html

夏休みが始まった・・・あのわくわく感、思い出しましたか?

スパゲティー屋 ドナ

3連休でしたが、母は通所があって、妻と二人で食事に行きました。

4点セットは舌ビラ目の塩レモンソース

R0038614

スープとあと2点はドリンクとデザートを選びました。

もう1点はドナの人気メニュー、メランザーネ

R0038615

かま上げ生めん、美味しい。

2014年7月21日 (月)

転倒防止金具取りつけ

改造ラックを設置し、忘れずに点灯防止金具、連結金具を取りつけました。

R0038612

転倒防止金具は以前武蔵野市から頒布のあったもの。

R0038613

連結金具は100円ショップで以前購入してあったものです。母のマンションの帽子かけも設置、この3連休は小工事関係が多いですがまだまだ整備をやります。

2014年7月20日 (日)

ラック改造工作

空気清浄機を撤去したところにラックを入れたい・・・

なかなかよい寸法はないのもの。AMAZONプライムで近い大きさのラックを頼んで即日到着。1000円ちょっと。

R0038602

キットタイプなので3cm高さを詰めて、組み立て直し

R0038603

工房で電動工具を使って1時間に満たない工作。

R0038604

こんな感じが

R0038605

こんな感じになりました。

続きを読む "ラック改造工作" »

AX100 ユーザー登録

バージョンアップとは順番が逆になりましたが同梱のチラシを見て登録です。

Scsonye2

PMHを使ってできるようです。そのためにPMHをインストール。入っていたPMBを抜いて・・・PMHをインストール、その登録もあったりで、結構時間がかかりました。

R0038591
登録特典でガイドブックが貰えるようです。

千年葡萄屋の1030円ランチ

最近はまた昼混んでます。予約してませんでしたが・・・

R0038596

毎週のことなので予約席でした。

R0038597

さっぱりと大根と冬瓜を鳥だしで煮た前菜

R0038598

たらこスパ。先週よりクリーミーになってました。

パンは食べ放題。

R0038599

メインは、豚・鳥・魚から1品をセレクト

こちらはチキンカツ、ソースのキノコクリームが絶妙

R0038600

こちらはお魚、サーモンのパイ包、トマトソース。チーズも入ってふっくら。

豚は画像ありませんが塩ゆで豚とザワークラウトでした。

このあと珈琲またはデザートが選べます。

2014年7月19日 (土)

工房整理と簡単工作

工房の整理中の中、ACアダプターの可変電源アダプターを作ってみました。

R0038593

基板工作だけでなくケース工作も整備のおかげで簡単できます。部品購入なしで手持ちで完成。これで5,6、9Vなど決まった電圧以外でも対応できます。

R0038594

部品箱を倉庫から出し、工房のおかげ、まだ未整理で入らない部品もあります。

R0038595

COCO壱番屋 カツカレー

つい先日南口のドンキの並び方向に出来、気になってました。母がカレーが食べたいということで行ってみました。

R0038589

久々のCOCOでシステムが解らず、オーダーまで時間がかかりました。母は通ぶり、ビーフでトッピングなし一辛にしたら辛く、半分残りが自分に回ってきて、たっぷりいただくことになり。母曰く次回は普通の辛さで野菜をトッピングで。昼時、おひとり、ご家族などで繁盛してます。

東京でDV-7セミナーの準備

東京セミナー研究会も終わり、来週の名古屋・大阪セミナーの準備です。機材の発送、資料名簿の準備、いつもながらのことですが、あと残り回数も少なくなりました。今月が終われば各会場とも残り1回です。

R0038569

連休明け22日は名古屋ダイテックサカエ、23日は午前研究会、午後DV-7セミナーをローランドの大阪コミニティーセンター(大阪駅前第2ビル)で開催です。席にあまりもありますので各地区の皆さんご参加よろしくお願いします。4K撮影映像をDV-7HDで取り込んで編集、ブルーレイ作成そんなデモを致します。ご期待ください。

2014年7月18日 (金)

SONY FDR AX100 バージョンアップ

ビデオサロンの最新号に掲載されていたので早速SONYのサイトから。

R0038587

ソニーのサイトに接続すると手順についても詳しく出ています。

現バージョンは1.00でした。操作はPCに慣れている方には難しくありませんが、PCにダウンロード、USB接続してのそれなりのものです。

R0038588

バージョンアップして確認してみると、購入して気になっていた点が改善されていました。一番大きなものはビデオサロンの記事にもあるようにオートフォーカスで一度焦点が合致した後の動作でしょうか。これまで違ったところに合ってしまうと、なかなか焦点が正規nところに合わない、オートフォーカス自体も早くなっています。

ただPCやWebに慣れない方は購入時のまま。こうした性能改善はPC不得意の方もなんとかして愛機をアップデートされることをおすめします。

2014年7月17日 (木)

60年代からのオーディオ

山水はやはりアンプが人気だったと思います。3ケタシリーズのアンプとついにになったチューナーは選曲パネルが円形であった記憶が鮮明です。おそろいのブラックでしたが、黒パネルの人気は他社にも及んだようですが、パイオニアはシルバー、のちのトリオ・ケンウッドは色を使ったものでした。(パイオニアも60年代、総合アンプレシーバーには黒パネルがあった。)

R0038585

そして山水のアンプは4ケタシリーズになると黒にアルミサッシを加えたデザインで洗練したイメージになったのは1970年代初頭。そして山水で魅力だったのがトーンコントロールが低音・高音に加え、中音があったこと。もちろん可変範囲は小さく、中心周波数は選べるというところは大切でした。

R0038583

そして、山水と言えば70年代に入って4chマトリックス。QS方式(RM)で、デコーダーQS-1がフラグシップ。QS-100もあった。そしてFMに番組をまで持っていて、マトリックス4chのプログラムを流していた。ソニーがやったマトリックス方式がSQ方式。そのほか各社がマトリックス係数を変えてきたと思ったら、係数の可変できるデコーダーを松下が出してきて、JVCはCD4方式でシバタ針を付けた広帯域カートリッジに復調器が必要だった。

R0038584
この時期サンスイのオーディオに果たしたところは大きかったけれど、以後がトリオ、パイオニアほどの各種パーツに及ぶ総合メーカーという感じではなくなって行った。

DV-7研究会東京地区例会

7月の例会セミナーを秋葉原のローランド営業所で実施しました。

R0038581

作品上映の後、近藤洋史先生からディスク作成についての解説がありました。

60年代のオーディオ

オーディオ専業メーカー御三家はトリオ・山水・パイオニアだった。

R0038578

山水はブラックフェースのアンプ、3ケタのゾロ目番号だった。

格子のスピーカーも人気だった。そしてさらにJBLの代理店もやっていた。

R0038579
70年代に入ると人気はアンプに集まった。新宿のショールームはJBLの試聴が繁盛していた。以降はあまりオーディオ総合メーカー印象は薄くなり、井の頭線沿線にあった工場は電車から見ると労使紛争の看板が印象的だった。新聞にあった株価は信じられない低い数値なり・・・経営危機のうわさはかねてよりあっていろいろ資本が入った話は聞いていたけれど・・・昨日、倒産のニュースが流れた。

2014年7月16日 (水)

DV-7東京セミナー

ローランドの東京営業所大会議室で開催です。

R0038521
基本編集、タイトル作成の基本に引き続き、

R0038517

SONY FDR-AX100で4K撮影映像をDV-7HDで2K編集してBD作成は好評でした。

R0038116

明日はDV-7東京地区研究会です。

60年代からのオーディオ

当時の広告やざっし記事を振り返っています。

今はケンウッド、当時はトリオでした。60年代果たした役割は大きく「ソリッドステート宣言」は今でもオーディオ史に残っています。球から石へ、まだ各社が模索中なかいち早くトランジスタ化へ進んだということですね。

R0038573

ATCシリーズに続き(アタックとやはり読むんですね)、ビクターのSEA。当時を知る方には懐かしい響きですが、グライコです。当時の表現では音場ですが、気持ち立体再現などで使われる言葉なので、周波数補正ではと思いますがリスニング環境ということなのでしょう。以後スライドボリウムの使用も時代的に増えて行きます。

R0038575

読者さんからのTU-8200レポート

ブログの愛読者さんから、出力管差し替えの工作・試聴レポートをいただきましたので、ホームページに記事を掲載しました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html

中ほどになります。

Image338

お盆の送り火

姪が、おじいちゃんと会ったことのないあばあちゃんを煙とともに送りました。

R0038568

天候が荒れるという予報の中。穏やかな夕暮れでした。

R0038569

2014年7月15日 (火)

神戸屋 今月のパン

新メニューから、左トマトバジルのマルゲリータ、チーズがパリパリ。

R0038567

右、カレーシチューパンは外がかりかりでしっかりしたパン。カレーは濃厚

2014年7月14日 (月)

60年代からのオーディオ

当時雑誌の広告はオーディオメーカーのものが多いけれど、
販売店の広告もある。まだ時代は通販ではなく、地元で購入であったはず。
よく見るとそんな号には決まって販売店を巻き込んだ記事があり、
そのかわりのお店の広告であったのかもしれない。

R0038566

こんな地図は街並みや商いが変わった現代で見ると
当時を思い出す貴重なものです。

山際、日通ビルは今は当時の建物がなく、販売店も名前がかわり消滅しているところも。
こんな記事が出来、みな秋葉原、日本橋を目指したころ、オーディオブームは始まったのか・・・

60年代からのオーディオ

アイテム別に海外勢が優位であったのはピックアップ(カートリッジ)で、
スピーカーは海外が優位ながら高価で手が出ないということがありました。

R0038240

国産カートリッジもグレースやテクニカなどで優秀なものが出てきて、
テクニクス、サテン、FRなどマニアックなメーカーも加わり
70年代に入ると国産勢もなかなかのものがあったと思います。

2014年7月13日 (日)

お盆の迎え火

姪たちと時間を待ち合わせて、はじめました。

R0038563

今年はマンションのおばあちゃんも参加。

終了とともに、花火大会に。

R0038564

工房整備中

TU-8200の一連の試聴・改造もある程度できましたので、試聴コーナーを解体して工房を整備中です。

R0038565

カルビタ

小型トマトにはなかなか美味しいものが少ない・・・という中で

R0038528

この十日町のカルビタトマトは小型ながら皮が比較的厚くなく、味も甘くはないけど、酸味が控え目でバランス、肉質に少しねっとり感があって、生食でサラダ向き

父の法事

早いもので七回忌。近い親戚で墓参です。

R0038529

その後、吉祥寺「葡萄屋」で父の好物であったすき焼きをいただきました。

R0038545

父だけでなく、義父母の懐かしい話が出ました。

2014年7月12日 (土)

AX-100で4K撮影した映像をDV-7HD Ver.2で編集

今週、福岡・熊本で撮影した4K映像を早速DV-7HDで編集することにしました。

R0038550

現状配布はBDとなると2K配布ですが、ビデオサロンにもあるように4K撮影は今後の資源になりますので、現状の2Kワークフローにどう乗せるかですが

R0038551

DV-7HDではHDMIで受ければ2Kとなるので、増設にソフトの変更もなくそのまま編集できます。

BD修理完了

出張から帰るとBDレコーダーの修理が上がってました。
HDD故障かと思ったところですが、
調べると2011年、発売2年後、リコール対象機種で
録画ノイズとも言いますが、起動しないという
症状に該当、相談センターの説明どおりで
無償修理となりました。

R0038525
http://www.sony.jp/bd/support/information/20110920.html
ブルーレイディスクレコーダー
「BDZ-EX200/RX100/RX50/RX30/RS10/RX105/RX55/RX35/RS15」
ご愛用のお客様へ無償修理のお知らせとお詫び

どうも使用経過後症状が出るのか対象期間も延長されています。

R0038526

ネットを調べるとこの対象モデルを安く入手してメーカーで無料修理をしてオークションに出しているなんてのもいいるようで、驚きました。

60年代からのオーディオ

1964年フィリップスから出たコンパクトカセットは、
オーディオにもカセットデッキを生むところなり、少しづつではありますがオープンテープとの競争がはじまるところとなります。
テープオーディオに関してはまだ飽和期には入っていなかったことも有り
カセットデッキが出てすぐに飛びつくことはなかったですが
国産ではティアックのA-20(画像左上)は知るところでしたし、A-450が出るころには認知がはじまるという状況でした。

R0038250

出だしは平面置きタイプ(カセットは平面に置かれる)で、のちに斜めを経て、コンポスタイルになじむ直立型になるという流れも、技術実績によるものなのでしょう。

熊本→東京

JRの熊本駅まで車で送っていただき、熊本駅からはリムジンバスで空港へ。市内を抜けて行きますので空港までは60分かかります。

R0038483

予約のときに気にしてなかったのですがB787-8でした。機内アナウンスであえて言うので気づき、ちょっと緊張、久々に乗ります。上昇も旋回もとても切れが良い。777などに比べ小型でしっかり傾きが付くので乗った感じがします。

R0038495

機内の窓から撮影、しかし太陽の光線が挿してきたら何かやたらと青くなる。

これです。このボタン。

R0038496

電子カーテン。5段階だと言うのですが、暗い⇔全開までには少し時間がかかります。

動画サイトに投稿がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=Iuk6V6o3hT4

R0038508
台風の去った後、雲も芸術的です。AX100で4K撮影しました。

羽田の空は素晴らしい夕焼けでした

R0038509

2014年7月11日 (金)

DV-7熊本勉強会

 台風の去った熊本、DV-7HD所有のユーザーさんのお宅で勉強会をいたしました。DV-7HDでの編集でのご相談や、ムービーライターDVDのメニュー作成のご質問、システムの点検などを致しました。

R0038115

ご所有のDV-7HDで前2巻に続く大作の教育史を秋口完成に向けて作成されています。

20年前の編集システム、ビデオくんからのローランド製品をお使いです。

R0038481

昼食には奥様が焼かれたパンをごちそうになりました。本格的、美味しい!

R0038482

食後に名物の熊本メロンをいただきました。水どころの熊本、さすがに水分たっぷりジューシーで美味しい。

2014年7月10日 (木)

各地訪問 熊本

以前からお話のあった熊本の「馬」のお料理

R0038476

霜降り、心臓、レバー。これでおひとり前。

R0038477

馬のやきとり?

R0038478

馬のホルモン

R0038479

そして地元産の海苔のおにぎり。お醤油もお味噌も関東とは違います。

馬づくしのお料理は言葉に尽くしがたく、新鮮だからでしょう。

おそらくこれまで食べた馬の何倍もの量を一晩で頂いてしまいました。

各地探訪 福岡

以前から福岡に来て食べたかったお寿司。博多地物づくし。
地元産ネタです。

R0038453

どれもさすがに活きが良い。

R0038454
吸い物も茶碗蒸しもつかないという飾り気のなさ。

R0038452

でもお醤油は3種から選べる。地元の甘めを選びました。

R0038464

お昼にその日の食費を使ってしまいましたので
夜は1Fのファミマで。イカめんたいで塩にぎり。
納豆巻き。

これにドーミーインおなじみの無料夜泣きソバ。

R0038468

さて朝食は朝バイキング。昼食は食べる時間もないので
がっつりと。

DV-7福岡セミナー 4K撮影映像をネタに

昨日SONYのAX-100で撮影した4K素材を使い
DV-7HDでの編集をご覧に入れました。
DV-7HDに取りこんで、BDまでの制作を
特別な増設をすることなく行えます。
編集方法もこれまで同様です。
今月の各地のセミナー、研究会で紹介して行きます。

R0038472
台風の余波ではっきりしないお天気でしたが、
福岡在住の方を中心にお集まりいただきました。

R0038471
アクロス福岡で開催するおなじみのセミナーです。

R0038470

各地訪問福岡

台風の情報がありましたので早めに福岡に入りました。小雨が降るか降らないという状態でしたがとにかく蒸し暑い。

今月のセミナーの素材撮影で、ももちの海岸に7年ぶりに行ってみました。

R0038456

台風が近づく中思ったより海は静かでした。

R0038463
福岡タワー234m、観光客も少なく、

R0038460
天候は悪かったですが順調に撮影ができました。

R0038466

ホテルに戻り、確認です。悪天候で慣れないカメラでしたがOKでした。

台風が気になり、午前3時から起きて台風情報を見てました。

交通は運休なども出て、油断できない状態です。

R0038469

セミナー準備の昼前が最も天候が悪いようです。

ご参加の方はくれぐれも無理をされないように

お願い致します。

2014年7月 9日 (水)

台風、福岡へ出発

明日福岡セミナーです。

早々、羽田より出発。

R0038448

台風心配です。

2014年7月 8日 (火)

忙しい1日

午後半休で通院の後、家の用事を終えた後、今秋開催する中学時代の同期会の会場打ち合わせに現地に行きました。

R0038388

台風が来ています。明日よりセミナーで九州です。

2014年7月 7日 (月)

BD故障

電源をOFFして起動しようとしたらシステムエラー。

R0038435

電源スイッチ長押して再起動するけれど復旧せず、画面には問い合わせ窓口の電話が表示され。

R0038436

当然HDDの故障かとも思われ連絡すると、意外にもIC不良

かもしれないので・・・ということで修理に旅立ちました。

それにしても窓口のおにいさんの話は解りやすかった。

2014年7月 6日 (日)

実験ヘッドホンアンプ

ということで配線もできました。

R0038438

電圧チェック、動作チェックもOK。

R0038437

12AU7のSRPPアンプです。

R0038440

12AU7の銘柄は現行で安価なPM

R0038444

出力トランス入りでドライブ、抵抗など挿入してヘッドホンを鳴らすものではありません。

SONYのCD-900はちょっとうるさくなる感じ、いつも感じている低音とは違ってます。

R0038442

先日自作のブックスピーカーによるヘッドホンはすごく自然な音がする。これは魅力的な組み合わせです。

R0038446

ゼンハイザーでは低音は出ませんが意外に疲れない音がします。

R0038445
ヤマハのHPは能率が悪く、フルボリウムで丁度良いくらい。でも刺激のない、素直な音がします。

R0038441

パイオニアモニター10ではしっかりした力のある低音が。これは今まで感じたなかったところです。

ということでこれはなかなか楽しめるヘッドホンアンプができました。

自前の部品を中心に使ったので、新規購入部品は5000円ほどでした。

2014年7月 5日 (土)

七夕の懐かしい集い

小中学時代の懐かしい仲間と初めて18年。毎年やっています。

R0038421

60歳の定年をむかえる(むかえた)本年、例年にはない、さまざまな報告がありました。

R0038426

今年作った七夕のお飾り。1回仕事で作れないことがあったので、18回作ったことになります。ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

仲間の掲示板に画像をあげておきます。

60年代のオーディオ

放送局さんから番組制作のお問い合わせがあって調べていたら懐かしい資料をみつけました。

R0038406

1965年ころのもの。この足が当時を感じさせるところで、きっと下にはレコードなどいろいろのものが置かれてに違いありません。コンデンサー型ツイータ付きというのがちょっと気なるところ。

R0038405

こちらも1965年、東芝の地名シリーズはこのころからあったということですね。後年の東芝のICボストンなどは有名でした。キャッチを見ると、「針圧はわずか4g・・・うわ重い

この軽さでレコードは数倍長持ち・・とあります。それでもハイコンプライアンスカートリッジとかかれています。

R0038404

こちらはラックの広告。でも本当はオーディオ用ではないようで、プレーヤアンプ部は奥行きで飛び出してしまってます。当然レコードも入らない。でもテキストにはステレオがゆったり入る大きさとあります。買われた方はきっと困ったでしょう。

アンプ製作中

ユニバーサルタイプの新しい実験アンプを製作中です。

R0038408

増幅部は、いつものようにかまぼこ板です。

R0038407

電源、入出力をベースにして、アンプ部だけを交換できるというもの。

時間、資金の効率運用で回路検証できるように。

ベースは100円ショップのまな板、電源トランスは絶縁トランス(自前のショートリング)

で倍電圧整流、+FETリップルフィルターという工房の標準仕様です。

2014年7月 4日 (金)

TU-8200を中心としたサブシステム

TU-8200を購入し、いろいろやってきましたが、
大きな改造変更をしなくても、システムとしてまとまった音が出るようになってきたと思います。

R0038399

出力管の差替えは沢山やってみて、いろいろな方向性も見ました。
どこかを定点としてみるなら、まず付属のエレハモの6L6GCとして、
動作はUL接続、ここからは交換になりますが、シルミックなどに交換。

まとめて行く上でスピーカーは思った以上に大切なこと。
それを決めるには、このシステムに何を求めるかでしょう。
自分はあくまでもサブの小型システムです。

フォテクスの小型エンクロージャーは安く、手軽で、これに合うユニットでシステムをまとめることとしましたが、
個人的に気に入ったのはFE-103Solでした。

R0038402

そして今一度見直す結果となったのがアナログとの相性の良さでしょう。

2014年7月 3日 (木)

口径10cmのユニットを聴く

この春に記念モデルとして出たFE-103solを取りつけて聴くことにしました。

R0038398

恰好もなかなか良いです。Enシリーズにあった紙くささは押さえられ高域は自然に出る感じ、歪も少なくクリアな感じがします。クラシックでは弦のソロは悲しく、中低域は豊かです。小型箱のためか鳴りがありますが、夜聴くくらいの音量ではバランスが良いです。スネア音は屈託がなくさわやかでシンバルもほどよく切れる感じ、ロック系のピークでもくずれることなく、ずいぶんがんばっています。

R0038399
TU-8200にはよくあっている感じがします。

アナログレコード、ダイレクトカット盤も聴いてみました。

R0038400
テクニクス205CⅡ、シュアーV-15タイプⅢです。

CDでは味わない音です。

R0038397

測定データを比べてみましょう。

Fe103en2

Fe103sol

2014年7月 2日 (水)

60年代からのオーディオ

60年代からのオーディオ

 個人的にパイオニアの音響部門売却の話には戦前から始まる起業の話を聞いたことがあるだけにショックでありました。
そう、まだオーディオメーカーが発展途上にあったのが60年からのオーディオでもあります。

 スピーカーには昔からクラフトという積極参加を許す事情もあったためか、思い入れが大きい部分もあって記憶も鮮明です。これには商品サイクルが一般製品よりも長いということもあったのかもしれません。

R0038247

 パイオニアはもともとがスピーカーメーカー(戦前修理から創業)であったことも有り、品種も豊富でした。ユーザーにはシステムは敷居も高いのでフルレンジ系は人気でしたが、パイオニアにはアルティックの同軸に似たPAX-Aシリーズも有り。
コーラルも品種の多いメーカーでしたが、扱い易さはフルレンジ、フラット、ベータなどのシリーズでした。
後年、このベータ入りのスピーカーは秋葉で変色、やぶれで無残な姿をたびたび見たものです。
がっつりした音が魅力だったでしょうか。ゴトーユニットはホーン型で有名でしたがもっぱらハイエンドマニアのお宅拝見などでみるところでした。

 海外製のスピーカーはモノクロの記事で見るばかりでしたがユニットなら大学時代には苦労して買えるところまで近く来ていました。

この時代のユニットの代表はフォスターのFE-103(写真はΣ)でしょう。

アトレ吉祥寺 アコベルの惣菜パン

惣菜パンといえば揚げパン系の油濃いものが多い中
ここの惣菜パンはシンプルなもの。

R0038389

マヨコーン
どこにでもあるメニューながら、パン生地が
活きております。

ハラペーニョ
各色ピーマン?のトッピングでぴりから味で
パン生地をかみしめると口に刺激が楽しく
食欲がわきます。調べたらハラペーニョとはトウガラシの品種の一つ。メキシコを代表する青唐辛子のことらしい。

アコベルの惣菜パンは食べ終わったあと脂ぎったりが
なく、どこでも食べやすく通院時の昼食にはぴったりです。

2014年7月 1日 (火)

サウンドレベルメーター修理改造

ということで、なんとかまとまりました。

R0038393

ケースはプラ板で作りました。

R0038392

塗装して意外に綺麗にまとまりました。

R0038394

続きを読む "サウンドレベルメーター修理改造" »

新アンププロジェクト

かたづけもしなければ、やりかけた検討もしなければ・・と思いつつ

工房で新しいアンプを作りはじめ・・

R0038386

とりあえず電源と入出力を組みます。

サウンドレベルメーターの修理

長年使ってきたJVCのレベルメーターが急に不調で調べたらメーターにヒステリシスが発生。

R0038382
秋葉で求めたジャンクにドライブ回路を増設

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ