無料ブログはココログ

« 熊本→東京 | トップページ | BD修理完了 »

2014年7月12日 (土)

60年代からのオーディオ

1964年フィリップスから出たコンパクトカセットは、
オーディオにもカセットデッキを生むところなり、少しづつではありますがオープンテープとの競争がはじまるところとなります。
テープオーディオに関してはまだ飽和期には入っていなかったことも有り
カセットデッキが出てすぐに飛びつくことはなかったですが
国産ではティアックのA-20(画像左上)は知るところでしたし、A-450が出るころには認知がはじまるという状況でした。

R0038250

出だしは平面置きタイプ(カセットは平面に置かれる)で、のちに斜めを経て、コンポスタイルになじむ直立型になるという流れも、技術実績によるものなのでしょう。

« 熊本→東京 | トップページ | BD修理完了 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本→東京 | トップページ | BD修理完了 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ