無料ブログはココログ

« 60年代からのオーディオ | トップページ | TU-8200を中心としたサブシステム »

2014年7月 3日 (木)

口径10cmのユニットを聴く

この春に記念モデルとして出たFE-103solを取りつけて聴くことにしました。

R0038398

恰好もなかなか良いです。Enシリーズにあった紙くささは押さえられ高域は自然に出る感じ、歪も少なくクリアな感じがします。クラシックでは弦のソロは悲しく、中低域は豊かです。小型箱のためか鳴りがありますが、夜聴くくらいの音量ではバランスが良いです。スネア音は屈託がなくさわやかでシンバルもほどよく切れる感じ、ロック系のピークでもくずれることなく、ずいぶんがんばっています。

R0038399
TU-8200にはよくあっている感じがします。

アナログレコード、ダイレクトカット盤も聴いてみました。

R0038400
テクニクス205CⅡ、シュアーV-15タイプⅢです。

CDでは味わない音です。

R0038397

測定データを比べてみましょう。

Fe103en2

Fe103sol

« 60年代からのオーディオ | トップページ | TU-8200を中心としたサブシステム »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 60年代からのオーディオ | トップページ | TU-8200を中心としたサブシステム »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ