無料ブログはココログ

« サンプル版の制作 | トップページ | 60年代からのオーディオ テープデッキ »

2014年9月15日 (月)

60年代からのオーディオ ティアック

ティアックはデッキ以外の進出では
雑誌ではアンプの記事広告を多くみました。
デッキからの拡大は事業上、大きな課題だった?のでしょうか

R0038924

しかし、この後の時期ではカセットなど同分野の異製品への道も控えていたわけです。

ティアックのアンプが評価された話はあまり聞きません。やはりデッキメーカー。

R0039230
高級3モーターから普及1モーターかと思いつつ、

ソニーなどの3モーターの廉価版と争う2300シリーズがこのあと出てきます。

このカセットデッキとしては黎明期A20、その後のA450がありますが、オーディオメーカー各社でカセットデッキが花咲くのは70年代の半ば、そのあたりまでで何が出来たかでその後がずいぶん変わったのかもしれません。確かに4チャンネルブームやエルカセットなど、今思えば「あだ花」と思えるいろいろがあったことも事実です。

« サンプル版の制作 | トップページ | 60年代からのオーディオ テープデッキ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンプル版の制作 | トップページ | 60年代からのオーディオ テープデッキ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ