無料ブログはココログ

« 各地訪問 名古屋 | トップページ | DV-7大阪セミナー/DV-7関西例会 »

2014年9月17日 (水)

60年代からのオーディオ 山水

山水の広告から

TTCの無限の可能性・・・

R0039237

トーンコンと言えば低音・高音、そして中音がついていたのが山水
組わせの数が多くなると言う話。
でも中音までいじるとなると、一気にグライコまで行かなかったのは当時。
ビクターだけがSEAというグライコを採用していた60年代。

R0039238

それにしてもコンパクトエフェクター、シンセのセッティング表のようです。

R0039236

でも当時なぜ中音までいじれるのかと真剣に考えていた
今考えると少年時代の回路技術とはそんなものだったのかもしれません。

« 各地訪問 名古屋 | トップページ | DV-7大阪セミナー/DV-7関西例会 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 各地訪問 名古屋 | トップページ | DV-7大阪セミナー/DV-7関西例会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ