無料ブログはココログ

« 60年代からのオーディオ ティアック | トップページ | 最終出張セミナー »

2014年9月16日 (火)

60年代からのオーディオ テープデッキ

広告からはトリオやパイオニア、そして山水もデッキをやったころでした。
それぞれ特徴的なデザインがありました。

R0038923
人の顔に見えるのが不思議でした。
一番左のデッキはテープパスが長く動作はどうだったのか?

当時のテープデッキの役割は、FMの正式放送前は、レコードからのコピーでまだまだ一般的なものではなかったと思いますがメーカー各社は熱心でした。

しかしマニアの目はソニー、そして専業のティアックに向いていたと思います。

19cm4トラック。ミュージックテープがこのフォーマットであり、スタンダードであったと思います。長時間のFMエアチェックですと9.5cm、生録となると38cm2トラック、音楽制作となるうと38cm4トラックと言ったところが70年代半ばまで。カセットのマルチはその後の時代となります。

« 60年代からのオーディオ ティアック | トップページ | 最終出張セミナー »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 60年代からのオーディオ ティアック | トップページ | 最終出張セミナー »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ