無料ブログはココログ

« エレキット TU-8300R発売 | トップページ | 東京オリンピックから50年 »

2014年10月10日 (金)

60年代からのオーディオ

ラックスのSQ38FDは今でも名がとどろく人気のアンプ。もちろん真空管のプりメイン。

この広告を今でもそのまま読めるくらい、時間が止まった感じがするのは素敵。

R0039384

前モデルのSQ-38FのFはファイナルだった。それが・・・

全身のSQ-38Dは完全につぶれたオークションジャンクを我が家でも

レストアー(というか復元?)して顕在ですが、この人気のシリーズで共通するのが、真空管が簡単に手に入る現在でも復刻されていない6R-A8、そして50C-A10.ということ。

1990年代中ごろは50C-A10の中国復刻球があったのは今では夢の世界。

オークションではトランスだけ取られて売られ、残ったシャーシだけが売れられるのも出力管が手に入らため。名機だけに可愛そうな感じもします。

真空管の品種に興味のある方はこちらをご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page058.html

« エレキット TU-8300R発売 | トップページ | 東京オリンピックから50年 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エレキット TU-8300R発売 | トップページ | 東京オリンピックから50年 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ