無料ブログはココログ

« トート音楽院映像講座準備 | トップページ | 本格的棚卸へ »

2015年2月18日 (水)

TU-8200の試聴で 6550の場合

KT-88が評価が高く、ビンテージ管との比較も面白いという話をしましたが、

6550の試聴は現行管5種というのが管球王国の記事です。非常に詳しく分析されており大変参考になります。残念ながらオリジナルのビンテージ管が試聴に含まれていません。

R0048960

R0048959

左からGEC KT-88、 Tug-solビンテージ、同現行管、EHのKT-88

« トート音楽院映像講座準備 | トップページ | 本格的棚卸へ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トート音楽院映像講座準備 | トップページ | 本格的棚卸へ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ