無料ブログはココログ

« 次へのステップ | トップページ | 真空管アンプの評価 »

2015年5月20日 (水)

ベースシンセサイザ

これはだいぶ前に作ったもので、今回の原稿に関係ありながらも時間がなく。原稿を出してからいじってみました。

Imgp4681

少しお化粧、メンテをしてみました。内部をさぐると

Imgp4682

ベースなのでモノフォニックながら2VCO、2ADSR、ダイオードラダーのVCFで結構分厚い音がでます。今では入手の難しい、当時のシンセで使ったいた専用ICが使われていました。

そして24パラメータをメモリーしてプリセットとしてバンク×ナンバーで

記録再生できる・・・さすがにデータは揮発してましたがやると動作してました。

たぶん30年くらいぶりに火を入れたと思います。

このころはしっかり作っていたのが良かったのでしょうか。

« 次へのステップ | トップページ | 真空管アンプの評価 »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次へのステップ | トップページ | 真空管アンプの評価 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ